190317 二子山

 3月17日(日)、YM根君と二子へ。5:45発、8:30着。TNK君とは現地で合流。
 小鹿野町の気温3℃、天気は晴れのち曇り、午後は粉雪、ときどき強く降る。春の雪、今シーズン一番の寒さだった。写真はきんさんの「ふりかえるな」1便目。核心セクションを超えて終わったかと見えたが惜しいトライだった。
 YM根君は「私生活」を開始した。TNK君は、T-ウォールを2日、5便で片付けた。

・悪魔のエチュード(朝一の岩の冷たさとツルツル感がいやらしかった。)
・ノースマウンテン(マスターで再登。手に化粧水をつけていくとなるほどフィット感を感じた。)
・ヒロセカウンター 4便出したが完登ならず、カウンタームーブのポイントはどこなんだろう?
b0146794_01032391.jpeg
【本日の成果】ヒロセカウンター××××

# by t-kashmir | 2019-03-17 11:30 | climbing  

190310 二子山

 3月10日(日)、YM根君、TNK君と二子へ。5:30発、8:00着。体重59.6。
 小鹿野町の気温5℃、弓状エリアの朝7℃、天気は晴れのち曇り、気温が高く、日差しによるヌメリもなく、先週を上回る今シーズン一番のコンデションだった。そのためか本日RPも多く出た。
 まずは横浜Kさんの「任侠道」、そしてアベックで同じ横浜Fさんが「火の鳥」をRP、「火の鳥」とほぼ同時スタートしたTNK君が2便目で見事「唐獅子牡丹」を順当にRPした。そして、自分でも信じられないが私も夕方4便目で「T-ウォール」をRPしてしまった。今日の2便目、3便目で核心の右ヒールからの右手カチが保持でき、今後のRPの可能性が出てきたと喜んでいたばかり。最終便でまさか左手モニョリップを止められるとは・・・。これを取れればトップまでは手順通り、ヨレヨレで這い上がることも無かった。天候と岩のフリクションの良さと今日初めて核心ムーブのコツが分かり、なおかつ次の便で再現できた偶然で、1年分のツキを使い切りました。
【T-ウォールの核心】
1.中間レストで息を殺せるまで戻す。
2.右手カチから左手カンテ取り:右足踏み込んだら右手カチを横から引いて腰を右に移すと左の懐ができ左トウが乗せやすくなった。左手カンテは親指を人差し指に添えて小指を意識する。
3.右ヒールから右手上部カチ:右ヒールはトウで掻き込む。この時腰を右に移す。
4.左手モニョリップ取り:       (写真上:「唐獅子牡丹」RP直後のTNK君。)
b0146794_23235849.jpeg
b0146794_23194204.jpeg
【本日の成果】 T-ウォール ×××〇 (2017.2.18~ 3シーズン、延べ31日 92便目)

# by t-kashmir | 2019-03-10 17:00 | climbing  

190308 - 09 奈良田温泉白根館

2019.3.8(金) 船橋05:30発 ⇒ 甲府南IC ⇒ 身延山久遠寺
b0146794_22224911.jpeg
         菩提梯(ぼだいてい):高さ104m、287段

2019.3.9(土) 白根館09:00発 ⇒ 10:40 本栖湖 ⇒ 11:40 かちかちやまロープウェイ(河口湖) ⇒ 13:00 吉田うどん(たけ川)⇒ 13:30 北口本宮浅間神社 ⇒ 14:30 河口湖IC ⇒ 大月 ⇒ 16:30船橋着
b0146794_22255415.jpeg
         夫婦桧(めおとひのき)

# by t-kashmir | 2019-03-08 15:00 | family  

190303 二子山

 3月3日(日)、YM根君、TNK君と二子へ。5:30出発、8:00着。体重58.6。小鹿野町の気温1℃、弓状エリアの朝3℃、天気は曇り、風なし、昼前から粉雪ちらほら、登りに全く影響なし。手足の指先の冷たさはいやだが、フリクションは最高、今シーズン一番のコンデションだった。
【T-ウォール】 永すぎた春、本日2便目で、YM根君がRP。おめでとうございます。
焼き石を頑なに使わず、核心ムーブのキーポイント右足ヒールフックが捻挫で思うようにさばけない状況での、堂々たるRPです。 続くTNK君の唐獅子3便目も核心を通過しダブルで行ったかと思ったが、惜しくもRPは次回に持ち越す。 
b0146794_00075594.jpeg
【本日の成果】T-ウォール××××  夕飯のとんかつ美味かったです。ごちそうさまでした。
MC田さんより、右ヒールは掻き込むように、左手カンテと右ヒールで抑え込むようにとアドバイス貰いました。いつもありがたいです。

# by t-kashmir | 2019-03-03 13:00 | climbing  

190224 二子山

 2月24日(日)、YM根君、TNK君と二子へ。5:25出発、8:00着。体重59.1。
小鹿野町の気温-1℃、弓状エリアの朝2℃、天気は晴れて終日穏やかだった。
【T-ウォール】 
1便目:10:00出発、アップ不足の心配なし、積極的に行くこと。中間レストでヨレは最も少ない。中間レスト手前のステップを決定。
 右手ピンチを掴んだら、左足:上の白く汚れたところ、そして右トウ、左トウ、右足スメアで左手大穴へ。そのあと右足:V字の小粒、左トウ:ポケット、右トウ:良い棚で、左足ニーバー。
2便目:12:45出発、前回もそうだが、ヌメッテ最も辛いトライだった。登る直前に指を冷やしてしまった。これがヌメリと感じたのか?登る前の手の保温は大事だ。
3便目:15:15出発、テンションムーブ:核心スタートの右手カチから体を引き上げる際、右肘を横に引くようにして腰位置を右に移動させると懐ができ、左足トウが安定して乗せられた。
4便目:17:30出発、中間レスト手前でテンション。核心はすでにスタート右カチを保持する余力は無かった。  (写真は、U子さんの「任侠道」(上)とHR田さんの「私生活」を囲んでいる常連組。(下) またまた歳で言い訳できない話で盛り上がっていました。(笑))
b0146794_00195939.jpeg
b0146794_00193578.jpeg
【本日の成果】T-ウォール ××××

# by t-kashmir | 2019-02-24 15:00 | climbing  

190217 二子山

 2月17日(日)、YM根君、TNK君と二子へ。5:30出発、8:15着。体重59.3㎏。
小鹿野町の気温1℃、弓状エリアの朝-2℃、天気は晴。午前中は風強くアップの岩は今シーズン一番の冷たさだった。日が随分延びて17時過ぎに陽が落ちるようになった。
寒くても日中陽が当たるT-ウォール上部はヌメるのか、相変わらず左手カンテは厳しかった。左手首の痛みはテーピングでOK、左足小指の痛みは今日も鬱陶しい。

【T-ウォール】 MCDさん、YM根君と自分の3名。3便出してすべて中間地点。核心部ヒールフックから右手カチ保持の再現ならず。(涙) 体が重かったのか、2便目が辛く4便出せなかった。
1.核心スタートの左手カンテ取りは、右手だけに頼らず左手も意識して引き付けること、この時左足トウも意識すること。(くわたさん塾で教わったこと思い出して。)
2.左手カンテはいい場所がある。(ゆーこさんより)
3.右足ヒールを効かせるには左に体勢がないと・・・(TNK君より)
4.ゆーこさんに体幹体操教わりました。
5.次回は中間レスト手前のステップを固めよう。   (写真は、TNK君の唐獅子)
b0146794_23295787.jpeg
【本日の成果】T-ウォール ×××

# by t-kashmir | 2019-02-17 11:00 | climbing  

190203 二子山

 2月3日(日)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:30着。体重58.7㎏。
小鹿野町の気温2℃。弓状エリアは11℃、午前は快晴、午後は雲が広がった。
寒くなかったが、湿度が低いからかT-ウォールの左手カンテの保持は厳しかった。左手首が腱鞘炎のような痛み、左足小指の痛み、木金土と3日レストしたがからだの動きは良くなかった。
【T-ウォール】 S33年のMCDさん、富山の強い方、YM根君と自分の4名。3便出して、すべて中間地点。先週、核心部の練習でヒールフックから右手カチを保持できたが今日は出来ず。(涙)
【先週RPされたMCDさんからのアドバイス】
1.終了点へ右足乗り込み、右手は下のガバカチ、左手壁押さえ、右手ちびカチ、左足移動、左手ちょっと良いチビカチ、右足移動、右手終了点上のデカピンチ。
2.かぶったスラブは、「腰を壁に付けて。」「壁にからだを入れて!」
b0146794_22555019.jpg
【本日の成果】 T-ウォール××× (写真:富山の強い方の核心右足ヒールから右手カチ)

# by t-kashmir | 2019-02-03 16:00 | climbing  

190123 淋!まるたけ閉店

b0146794_22501042.jpg

# by t-kashmir | 2019-01-23 21:00 | family  

190120 二子山

 1月20日(日)、YM根君、TNK君と二子へ。5:30出発、8:10着。体重59.0㎏。
小鹿野町の気温0℃。午前は良かったが、午後は雪雲が発生し気温は上がらなかった。
TNK君は唐獅子4便。4便目も核心を保持する強さ、圧巻!
【T-ウォール】 YM根君と自分の2名。 4便出して、すべて中間地点まで。
2便目で右足ヒール、右手カチを触るまで。(再 最高到達地点) 
テンションムーヴでヒールフックから右手カチ保持まで。(右手カチ保持は初めて)
その後、右手人差指に穴あき、戦意が落ちる(涙)。
b0146794_22504507.jpeg
【本日の成果】T-ウォール ××××

# by t-kashmir | 2019-01-20 16:30 | climbing  

190105 二子山

 1月5日(土)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:45着。体重60.1㎏。小鹿野町の気温3℃。晴天、時折風が吹き砂ぼこりが舞ったが暖かだった。HR田さん曰く「ヌメリ気味」、YHTさん曰く「湿度が低い乾燥した状態だと、核心の左手カンテは保持しづらい」、このようなときにきんさんの化粧パウダーか?
【T-ウォール】
YHTさん、MCDさん、AYBさん、YM根君、自分の5名。 4便出して最終便は中間地点手前で力尽きる。核心部の進展なし。
・左手カンテはやはり上部をしっかり持つという感覚で。
・その手前右手ガバカチは肩から力を入れるというイメージはどうか?
・中間レストの右足ニーバーはYM根君のように左足を右方向に流すという体勢はどうか?
b0146794_23421196.jpeg
【本日の成果】T-ウォール ××××  (写真:AYBさんのT-ウォール上部核心、被ったスラブの一連のムーヴができる)
 今日久しぶりにミポリンさんと会って上部は力じゃないってアドバイスもらった。ここの解決に知恵と運動神経と体力と努力しなければならない。YHTさんとKODさんの歳を教えてもらった。自分ももう一段階上がることができるのかしら? ハーネスが古くなったので新調しよう。

# by t-kashmir | 2019-01-05 16:30 | climbing  

181231 鍋割山

07:10相模原出発(国道246~堀川入口を右折、ナビの指示どうりでOK)
08:10県民の森駐車場着(途中停車無し、みくるべ病院0463-88-0266 から10分ほど)
08:20出発
09:10二俣から1.2km地点(後沢乗越への登り口、ペットボトル集積場所)
09:40後沢乗越
10:50鍋割山荘
11:10出発 小丸経由二俣への下山を目指すも、小丸で降り口探してしまって見つからず、もっと先だったか? 鍋割山荘へ引き戻す。
12:15鍋割山荘
13:30二俣
13:50駐車場着
b0146794_15300970.jpeg
b0146794_15303462.jpeg
b0146794_15305388.jpeg
二俣から100~200m辺りに小丸経由の登り口有り。
b0146794_15311877.jpeg
鍋割山からの富士山、南アルプス北岳も見えました。


# by t-kashmir | 2018-12-31 10:50 | family  

181229 二子山

 12月29日(土)、YM根君と二子へ。5:45出発、9:00着。関越道の帰省ラッシュの影響なし。体重60.0㎏。小鹿野町の気温0℃。今季一番の寒気の予報だった。
 午前は風のない晴れで良かったが、午後は雪雲が日差しを遮り、風が少し吹いただけで寒かった。冬至を過ぎて日も延びたが16時過ぎてもう1便出す気にはなれなかった。
【T-ウォール】
YHTさん、MCDさん、AYBさん、YM根君、自分の5名。 3便出してすべて中間地点まで。
左足トウの乗り込みから左手カンテが保持できず。左手の持ち方をいろいろ試す。YM根君とAYBさんは甘い上部に3本指をフィットさせる。MCDさんは下部粒カチをピンチ? 下部の手前フラットはどうか? まだまだ定まらず・・・(涙)
中間地点手前の右手ガバ後の8P目クリップ体勢(左足カウンター)に改善の余地がありそうだ。
b0146794_23371229.jpeg
【本日の成果】T-ウォール ×××   (写真は、MCDさんの左手カンテ粒持ちから右足ヒールへの動き。みなさんどう保持しているの?)
29日は肉の日と広場で誰かが言っていたが、YM根君の右足首回復は進まず、焼き石も相変わらず持たず、それでも3便目は核心の左手出し右手寄せ手前まで来ていた。厚切りロースかつはいつでも結構。捻挫を引きずるのは良くない、快方を願います。

# by t-kashmir | 2018-12-29 16:00 | climbing  

181224 二子山

 12月24日(月)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:40着。小鹿野町の気温5℃、体重58.9㎏、天気晴れ。気温低下と言えどまだ問題なし。
ペト、T-ウォール、火の鳥にトライされる方無し。前回に引き続き貸し切り状態。
【T-ウォール】4便出して、4便とも中間地点まで行けたが、核心ムーブで左足乗っ込みが出来ず、前回より後退してしまった。              (写真:H本さんの流星トライ)
b0146794_20302531.jpeg
【本日の成果】T-ウォール××××

# by t-kashmir | 2018-12-24 16:00 | climbing  

181216 二子山

12月16日(日)、YM根君と二子へ。体重59.1㎏、5:45出発、8:40着。寒くなった。
小鹿野町の気温-1℃、弓状エリアの寒暖計は1℃だった。天気は下り坂の予報だったが、風なく夕方も陽が射し、終日5℃以下だったが岩の状態も良かった。
足下のカイロは効果あり、シャツを1枚増やして防寒対策が旨く行った。
【T-ウォール】4便出し、すべて中間地点までたどり着けた。
2便目は右足ヒール、右手出しまで(最高到達点)。しかし、核心はここから。
1.まずは右手の保持(右足ヒールを効かせること。左手カンテの保持が前提)
2.右手保持できたら、右足ヒールを解除して、左足を、その前に左手カンテを取りに行った左手カチに乗せて「エイッ。」とリップのぼこぼこへ、これガバではない。ここでマッチか?
3.中間レストを上手く休めないか?(第1レストは両足平行四辺形ニーバーで少し慣れてきた)
b0146794_08531606.jpeg
【本日の成果】T-ウォール ××××  YM根君は右足首を痛めていたが、2便出してトップアウト。焼き石無しで指先感覚無し、核心の右足ヒールはさぞ痛かったことだろう。RPにはアルコールの強さも必要だと思った。

# by t-kashmir | 2018-12-16 16:30 | climbing  

181215 蒲田駅西口

12月15日(土)、今日は晴れたが、北風が冷たかった。
何かぽっかり穴があいたような・・・、どこに? この一週間は変な夢だった?ふと疑ってしまう。
なぜかあれから、悲しみがわいてこない。
なぜだろう、これからの楽しみがぐっと減ってしまったというのに。
b0146794_21552997.jpeg
今日から精いっぱい楽しく生きてゆこうと思った。

# by t-kashmir | 2018-12-15 15:30 | family  

181209 二子山

 9日(日)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:40到着。体重58.9㎏。
小鹿野町の気温4℃、天候曇り。3時過ぎに晴れ間があったが終日3℃~5℃か。
指の冷たさは焼き石で何とかなるが、つま先の冷たさで踏み込めていないのかもしれない。
足裏用のカイロを次回は用意しよう。 悪魔とノースの下部でアップ。
【T-ウォール】3便出して3便とも中間地点に到着できた。
1.離陸直後の1P目は足は低めで良いが、その後はやはり足は高め高めに置いた方が良い。
2.前半レスト、中間レストとも上手に休めるようになること。
3.核心スタートの左足トウへの乗り込み、左手カンテ。そのあと腰を壁に付けて、右足ヒール。
4.ヒールを上げてもカッコだけで、効く感覚をまだ感じられない。
5.そして右手、上の方が効くとのこと。ノーテンで右足ヒールまで持ち込みたいものだ。
 (写真は、MC田さんの前半レストの体勢と核心部右回り。この後、悪い左手(右足ヒールの次の右手)、そして次のホールドは・・・)
b0146794_20215209.jpeg
b0146794_20222215.jpeg
【本日の成果】T-ウォール×××   本日コルセットのMC田さんが参戦、初便でトップに抜ける強さ。また、私より九つも先輩GTさんも参戦、遠いホールドをキャッチする体幹の強さよ。相方のYM根君はインターバルの無い3便目で最高到達点更新。すごいのは決して焼き石を持たない精神力である。来週は厚切りロースかつかもしれない。

# by t-kashmir | 2018-12-09 16:40 | climbing  

181205 みえだあきこ展

12月5日(水)、千葉市のギャラリー睦にみえだあきこ展を観に行く。
みえださん、個展デビューおめでとうございます。
雨に濡れた群生する道端のあの色鮮やかなつゆ草を描いた三枝さんの青色が一番好きです。
つるものがたりの新作をいつも楽しみにしていますが、こちらは時間と共に生き生きしたものから枯れつつあるもの、枯山水のような淡い色彩、おぼろげな輪郭に少しずつ変化していくのか・・・。これからの創作を楽しみにしています。
小学校の時の(幼稚園では確か同じ組だった)女友達にも再開できて楽しかった。人の縁はまことに不思議なものです。
b0146794_21171826.jpg
b0146794_21175220.jpeg


# by t-kashmir | 2018-12-05 17:30 | family  

181202 二子山

 12/2(日)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:45到着、体重59.0㎏。小鹿野町の気温5℃、晴れ。
朝夕穏やか良いコンデションだったが、焼き石は持参した。  高く登れ、クールダウンでアップ。
【T-ウォール】 3便出した。3便とも中間地点到達を目標としたが2便までだった。
1.上部核心部の解決をJさん、MCDさんの右回りに期待したが、こちらもムーヴが厳しそうで、通常の左カンテ取りスタートに戻した。
2.左カンテ取りの左足トウは手前に置いても良さそうだ。左手カンテは掴むのではなく、引っ掛けて身体を預けるようにして右足ヒールフックする。(mskさんより)
3.右足ヒールの形に上げたものの、フックまで至らず。決まる場合はヒールとトウで壁を押さえる感覚ができるらしい。(YM根君より)
4.そして右手出し。この右手の掛かる感触を早く体得したいものだ。(上部さぐりの目標)
5.下部は2か所のレストを決められれば良いが、レストの形がいろいろあってなかなか定まらない。それよりも日々体幹鍛えて、ジムでも被った壁での長ものなどでフィジカルをアップさせるべきかもしれない。(今更遅いけど・・・涙)
6.苦手とした右手甘い小穴からの左手取りはキョン意識で慣れてきた。その後の左手アンダーの左足ポジションを決めなければ・・・(左足カウンター体勢ではない)
b0146794_23045837.jpeg
【本日の成果】 T-ウォール×××   (写真は、「T-ウォール」上部トライのMSKさん)

# by t-kashmir | 2018-12-02 16:00 | climbing  

181123 二子山

 11月23日(金)、しげさん、のりさん、YM根君と二子へ。5:20本八幡出発、8:20着。小鹿野町の気温9℃、体重58.7㎏。天候晴れ、焼き石はせず。終日暑くもなく良いコンデションだった。
祠エリアで、話がピーマン、シリアル、アルケオロジーをみんなでトライする。
【T-ウォール】3便出した。3日目で今シーズン初めて中間レスト地点まで到達。
MC田さん、JNさん、YM根君の下部ムーヴを参考にさせてもらい、手順を変更。
1.4P目クリップ後の右手は左上のガバを使う。
2.第1レストの姿勢:右足ニーバーで体を立てる。その際、左足もニーバーの形を取る。
3.右手甘い穴からの次の一手は左足キョンで。右手ピンチ後の左手アンダーはカウンターで。
4.右手ガバの後は、ペト寄りの左サイドに左手を伸ばす。
5.中間レストは、左足ニーバー後、右足ニーバー(ノーハンドレストできる?)
6.上部はやはり左足つぶへの乗り込み次第。今度は柔らかいソールで試してみる? または、MC田さん、JNさんの右回りは可能か? 手順、ムーヴ未定。
7.次回は、3便出してすべて中間レスト地点まで到達を目標とする。
b0146794_08272315.jpg
 のりさんにいただいた写真です。ありがとうございました。帰りの車が賑やかで楽しかったです。夫婦仲良くて何よりです。チェロもガンバです。 【本日の成果】T-ウォール×××



# by t-kashmir | 2018-11-23 16:30 | climbing  

181118 二子山

 18日(日)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:35着。小鹿野町の朝の気温9℃。
曇り、放射冷却なく、朝の寒さも、岩の状態も問題なし。終日ほぼ太陽出ず、午後は肌寒かった。岩場でKOBさんと会うのは久しぶり。トシさん、HDKさんとも再会。
本日、T-ウォール、MCDさん、MSKさん、YM根君と私。
・2便出した。中間地点まで行けず。
・下部の核心、右手甘い穴は右に引くカチ?、左足キョンで左手スタティックに取れる?
・YM根君の中間地点の右穴、右足ニーバーを今度試してみる。
・上部、核心スタート右手カチから左足トウ、トウと膝を意識してしっかり乗り込む
・左手カンテ甘いガビを保持し、腰を押し付けて右足を上げる。右足ヒールをどう掛けるのか確認する余裕はなかった。
・右足ヒールを決めたら、右手出しだそうだ。

 二子の紅葉がまだ残っていてくれた。今週で見納めだ。 きんさん、「振り返るな」あと4手とのこと。KOB君、早速核心スタートの6P目クリップ手前を探っていました。
b0146794_23094983.jpeg
【本日の成果】ワーカーホリック×2、ノース〇、T-ウォール×2

# by t-kashmir | 2018-11-18 15:40 | climbing