190120 二子山

b0146794_22504507.jpeg

# by t-kashmir | 2019-01-20 16:30 | climbing  

190105 二子山

 1月5日(土)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:45着。体重60.1㎏。小鹿野町の気温3℃。晴天、時折風が吹き砂ぼこりが舞ったが暖かだった。HR田さん曰く「ヌメリ気味」、YHTさん曰く「湿度が低い乾燥した状態だと、核心の左手カンテは保持しづらい」、このようなときにきんさんの化粧パウダーか?
【T-ウォール】
YHTさん、MCDさん、AYBさん、YM根君、自分の5名。 4便出して最終便は中間地点手前で力尽きる。核心部の進展なし。
・左手カンテはやはり上部をしっかり持つという感覚で。
・その手前右手ガバカチは肩から力を入れるというイメージはどうか?
・中間レストの右足ニーバーはYM根君のように左足を右方向に流すという体勢はどうか?
b0146794_23421196.jpeg
【本日の成果】T-ウォール ××××  (写真:AYBさんのT-ウォール上部核心、被ったスラブの一連のムーヴができる)
 今日久しぶりにミポリンさんと会って上部は力じゃないってアドバイスもらった。ここの解決に知恵と運動神経と体力と努力しなければならない。YHTさんとKODさんの歳を教えてもらった。自分ももう一段階上がることができるのかしら? ハーネスが古くなったので新調しよう。

# by t-kashmir | 2019-01-05 16:30 | climbing  

181231 鍋割山

07:10相模原出発(国道246~堀川入口を右折、ナビの指示どうりでOK)
08:10県民の森駐車場着(途中停車無し、みくるべ病院0463-88-0266 から10分ほど)
08:20出発
09:10二俣から1.2km地点(後沢乗越への登り口、ペットボトル集積場所)
09:40後沢乗越
10:50鍋割山荘
11:10出発 小丸経由二俣への下山を目指すも、小丸で降り口探してしまって見つからず、もっと先だったか? 鍋割山荘へ引き戻す。
12:15鍋割山荘
13:30二俣
13:50駐車場着
b0146794_15300970.jpeg
b0146794_15303462.jpeg
b0146794_15305388.jpeg
二俣から100~200m辺りに小丸経由の登り口有り。
b0146794_15311877.jpeg
鍋割山からの富士山、南アルプス北岳も見えました。


# by t-kashmir | 2018-12-31 10:50 | family  

181229 二子山

 12月29日(土)、YM根君と二子へ。5:45出発、9:00着。関越道の帰省ラッシュの影響なし。体重60.0㎏。小鹿野町の気温0℃。今季一番の寒気の予報だった。
 午前は風のない晴れで良かったが、午後は雪雲が日差しを遮り、風が少し吹いただけで寒かった。冬至を過ぎて日も延びたが16時過ぎてもう1便出す気にはなれなかった。
【T-ウォール】
YHTさん、MCDさん、AYBさん、YM根君、自分の5名。 3便出してすべて中間地点まで。
左足トウの乗り込みから左手カンテが保持できず。左手の持ち方をいろいろ試す。YM根君とAYBさんは甘い上部に3本指をフィットさせる。MCDさんは下部粒カチをピンチ? 下部の手前フラットはどうか? まだまだ定まらず・・・(涙)
中間地点手前の右手ガバ後の8P目クリップ体勢(左足カウンター)に改善の余地がありそうだ。
b0146794_23371229.jpeg
【本日の成果】T-ウォール ×××   (写真は、MCDさんの左手カンテ粒持ちから右足ヒールへの動き。みなさんどう保持しているの?)
29日は肉の日と広場で誰かが言っていたが、YM根君の右足首回復は進まず、焼き石も相変わらず持たず、それでも3便目は核心の左手出し右手寄せ手前まで来ていた。厚切りロースかつはいつでも結構。捻挫を引きずるのは良くない、快方を願います。

# by t-kashmir | 2018-12-29 16:00 | climbing  

181224 二子山

 12月24日(月)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:40着。小鹿野町の気温5℃、体重58.9㎏、天気晴れ。気温低下と言えどまだ問題なし。
ペト、T-ウォール、火の鳥にトライされる方無し。前回に引き続き貸し切り状態。
【T-ウォール】4便出して、4便とも中間地点まで行けたが、核心ムーブで左足乗っ込みが出来ず、前回より後退してしまった。              (写真:H本さんの流星トライ)
b0146794_20302531.jpeg
【本日の成果】T-ウォール××××

# by t-kashmir | 2018-12-24 16:00 | climbing  

181216 二子山

12月16日(日)、YM根君と二子へ。体重59.1㎏、5:45出発、8:40着。寒くなった。
小鹿野町の気温-1℃、弓状エリアの寒暖計は1℃だった。天気は下り坂の予報だったが、風なく夕方も陽が射し、終日5℃以下だったが岩の状態も良かった。
足下のカイロは効果あり、シャツを1枚増やして防寒対策が旨く行った。
【T-ウォール】4便出し、すべて中間地点までたどり着けた。
2便目は右足ヒール、右手出しまで(最高到達点)。しかし、核心はここから。
1.まずは右手の保持(右足ヒールを効かせること。左手カンテの保持が前提)
2.右手保持できたら、右足ヒールを解除して、左足を、その前に左手カンテを取りに行った左手カチに乗せて「エイッ。」とリップのぼこぼこへ、これガバではない。ここでマッチか?
3.中間レストを上手く休めないか?(第1レストは両足平行四辺形ニーバーで少し慣れてきた)
b0146794_08531606.jpeg
【本日の成果】T-ウォール ××××  YM根君は右足首を痛めていたが、2便出してトップアウト。焼き石無しで指先感覚無し、核心の右足ヒールはさぞ痛かったことだろう。RPにはアルコールの強さも必要だと思った。

# by t-kashmir | 2018-12-16 16:30 | climbing  

181215 蒲田駅西口

12月15日(土)、今日は晴れたが、北風が冷たかった。
何かぽっかり穴があいたような・・・、どこに? この一週間は変な夢だった?ふと疑ってしまう。
なぜかあれから、悲しみがわいてこない。
なぜだろう、これからの楽しみがぐっと減ってしまったというのに。
b0146794_21552997.jpeg
今日から精いっぱい楽しく生きてゆこうと思った。

# by t-kashmir | 2018-12-15 15:30 | family  

181209 二子山

 9日(日)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:40到着。体重58.9㎏。
小鹿野町の気温4℃、天候曇り。3時過ぎに晴れ間があったが終日3℃~5℃か。
指の冷たさは焼き石で何とかなるが、つま先の冷たさで踏み込めていないのかもしれない。
足裏用のカイロを次回は用意しよう。 悪魔とノースの下部でアップ。
【T-ウォール】3便出して3便とも中間地点に到着できた。
1.離陸直後の1P目は足は低めで良いが、その後はやはり足は高め高めに置いた方が良い。
2.前半レスト、中間レストとも上手に休めるようになること。
3.核心スタートの左足トウへの乗り込み、左手カンテ。そのあと腰を壁に付けて、右足ヒール。
4.ヒールを上げてもカッコだけで、効く感覚をまだ感じられない。
5.そして右手、上の方が効くとのこと。ノーテンで右足ヒールまで持ち込みたいものだ。
 (写真は、MC田さんの前半レストの体勢と核心部右回り。この後、悪い左手(右足ヒールの次の右手)、そして次のホールドは・・・)
b0146794_20215209.jpeg
b0146794_20222215.jpeg
【本日の成果】T-ウォール×××   本日コルセットのMC田さんが参戦、初便でトップに抜ける強さ。また、私より九つも先輩GTさんも参戦、遠いホールドをキャッチする体幹の強さよ。相方のYM根君はインターバルの無い3便目で最高到達点更新。すごいのは決して焼き石を持たない精神力である。来週は厚切りロースかつかもしれない。

# by t-kashmir | 2018-12-09 16:40 | climbing  

181205 みえだあきこ展

12月5日(水)、千葉市のギャラリー睦にみえだあきこ展を観に行く。
みえださん、個展デビューおめでとうございます。
雨に濡れた群生する道端のあの色鮮やかなつゆ草を描いた三枝さんの青色が一番好きです。
つるものがたりの新作をいつも楽しみにしていますが、こちらは時間と共に生き生きしたものから枯れつつあるもの、枯山水のような淡い色彩、おぼろげな輪郭に少しずつ変化していくのか・・・。これからの創作を楽しみにしています。
小学校の時の(幼稚園では確か同じ組だった)女友達にも再開できて楽しかった。人の縁はまことに不思議なものです。
b0146794_21171826.jpg
b0146794_21175220.jpeg


# by t-kashmir | 2018-12-05 17:30 | family  

181202 二子山

 12/2(日)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:45到着、体重59.0㎏。小鹿野町の気温5℃、晴れ。
朝夕穏やか良いコンデションだったが、焼き石は持参した。  高く登れ、クールダウンでアップ。
【T-ウォール】 3便出した。3便とも中間地点到達を目標としたが2便までだった。
1.上部核心部の解決をJさん、MCDさんの右回りに期待したが、こちらもムーヴが厳しそうで、通常の左カンテ取りスタートに戻した。
2.左カンテ取りの左足トウは手前に置いても良さそうだ。左手カンテは掴むのではなく、引っ掛けて身体を預けるようにして右足ヒールフックする。(mskさんより)
3.右足ヒールの形に上げたものの、フックまで至らず。決まる場合はヒールとトウで壁を押さえる感覚ができるらしい。(YM根君より)
4.そして右手出し。この右手の掛かる感触を早く体得したいものだ。(上部さぐりの目標)
5.下部は2か所のレストを決められれば良いが、レストの形がいろいろあってなかなか定まらない。それよりも日々体幹鍛えて、ジムでも被った壁での長ものなどでフィジカルをアップさせるべきかもしれない。(今更遅いけど・・・涙)
6.苦手とした右手甘い小穴からの左手取りはキョン意識で慣れてきた。その後の左手アンダーの左足ポジションを決めなければ・・・(左足カウンター体勢ではない)
b0146794_23045837.jpeg
【本日の成果】 T-ウォール×××   (写真は、「T-ウォール」上部トライのMSKさん)

# by t-kashmir | 2018-12-02 16:00 | climbing  

181123 二子山

 11月23日(金)、しげさん、のりさん、YM根君と二子へ。5:20本八幡出発、8:20着。小鹿野町の気温9℃、体重58.7㎏。天候晴れ、焼き石はせず。終日暑くもなく良いコンデションだった。
祠エリアで、話がピーマン、シリアル、アルケオロジーをみんなでトライする。
【T-ウォール】3便出した。3日目で今シーズン初めて中間レスト地点まで到達。
MC田さん、JNさん、YM根君の下部ムーヴを参考にさせてもらい、手順を変更。
1.4P目クリップ後の右手は左上のガバを使う。
2.第1レストの姿勢:右足ニーバーで体を立てる。その際、左足もニーバーの形を取る。
3.右手甘い穴からの次の一手は左足キョンで。右手ピンチ後の左手アンダーはカウンターで。
4.右手ガバの後は、ペト寄りの左サイドに左手を伸ばす。
5.中間レストは、左足ニーバー後、右足ニーバー(ノーハンドレストできる?)
6.上部はやはり左足つぶへの乗り込み次第。今度は柔らかいソールで試してみる? または、MC田さん、JNさんの右回りは可能か? 手順、ムーヴ未定。
7.次回は、3便出してすべて中間レスト地点まで到達を目標とする。
b0146794_08272315.jpg
 のりさんにいただいた写真です。ありがとうございました。帰りの車が賑やかで楽しかったです。夫婦仲良くて何よりです。チェロもガンバです。 【本日の成果】T-ウォール×××



# by t-kashmir | 2018-11-23 16:30 | climbing  

181118 二子山

 18日(日)、YM根君と二子へ。5:45出発、8:35着。小鹿野町の朝の気温9℃。
曇り、放射冷却なく、朝の寒さも、岩の状態も問題なし。終日ほぼ太陽出ず、午後は肌寒かった。岩場でKOBさんと会うのは久しぶり。トシさん、HDKさんとも再会。
本日、T-ウォール、MCDさん、MSKさん、YM根君と私。
・2便出した。中間地点まで行けず。
・下部の核心、右手甘い穴は右に引くカチ?、左足キョンで左手スタティックに取れる?
・YM根君の中間地点の右穴、右足ニーバーを今度試してみる。
・上部、核心スタート右手カチから左足トウ、トウと膝を意識してしっかり乗り込む
・左手カンテ甘いガビを保持し、腰を押し付けて右足を上げる。右足ヒールをどう掛けるのか確認する余裕はなかった。
・右足ヒールを決めたら、右手出しだそうだ。

 二子の紅葉がまだ残っていてくれた。今週で見納めだ。 きんさん、「振り返るな」あと4手とのこと。KOB君、早速核心スタートの6P目クリップ手前を探っていました。
b0146794_23094983.jpeg
【本日の成果】ワーカーホリック×2、ノース〇、T-ウォール×2

# by t-kashmir | 2018-11-18 15:40 | climbing  

181103 二子山

 11月3日(土)、ひろさん、ちえさんと二子へ。体重58.2㎏。晴れ、午後肌寒くなるが岩の状態は非常に良かった。
黒岩で捻挫して、5か月ぶりの岩場。二子の紅葉も見頃で懐かしい方々とも再会できた。やっぱり二子はいい。いままでの辛かったことも忘れさせてくれる。今年はいろいろ雨風が多かった、まだこれからも???。二子をリズムに日日是好日でやって行ければ良いと思う。
ひろさんは穴のムジナ、ちえさんはおいしいよ、で今シーズンスタート。
私もTウォールを1便出した。中間地点まで行けず、上部の左手カンテの粒カチはまったく保持できず。それでも印象は悪くなかった。今シーズンはこのライン盛況らしい。併行して、待ちのないヒロセカウンターをトライしようと思っているが4P目のヌンチャクが掛けられず・・・。落下時の足首に注意しよう。ひろさんのビレイに助けられた。彼のビレイは相変わらず上手くて安心できる。SB田さん、まささんに聞くと11Cではないらしい。今度さなえさんに聞いてみよう。
b0146794_17142425.jpeg
広場の紅葉は今週が見頃です。
b0146794_17150630.jpeg
ちえさんの「おいしいよ」、だれもがこのフォールを何度も繰り返してRPされています。
b0146794_17154370.jpeg
日没間際の弓状エリア、黄金色に映えて綺麗でした。

【本日の成果】話がぴーまん、シリアル、ウォームアップ〇、オララー〇、ノース×、Tウォール×、ヒロセカウンター× (備忘メモ:ノース、左手コルネ頭で終了点へ向かうこと。)

# by t-kashmir | 2018-11-03 17:00 | climbing  

180603 榛名山黒岩

 6月3日(日)、YM根君と黒岩へ。暑くなる予報で今日は雲の出る気配もない。
NR井さんと久しぶりに会う。おきて(12a)と寒桜(10d)、おすすめとのことでチェック。
北面は昼過ぎには陰るので、雨さえ降らなければ岩は大丈夫そうだ。夏子でアップ。つるのヌンチャクを借りて、フラッシュ。気分よく北面に向かったが・・・
【レインボー】運よく本日貸し切り
1便目:度胸だめしの(いわゆる皆さんの)1P目ヌン掛けをトライ。テラスまでのアプローチ探しのつもりだったが、スタート直後のヌン掛けから左に上がり、テラスに手を届かせる手前でフォール、YM根君のビレイに助けられたが、右足の内くるぶしを痛めてしまった。足首回り始めたので、すぐに2便目トライ。
2便目:スタートヌン掛けから右方向のガバを探して体を上げ、そのあとカウンターで左手をテラスに伸ばした(YM根君はその中間をアプローチ?)。テラスに上がり左手をしっかり保持して慎重に(いわゆる皆さんの1P目に)ヌンチャクを掛けた。この恐怖はもう味わいたくないと決めた(涙)。4P目クリップまでで降りる。
<YM根君に中間支点までのヌンチャクを掛けてもらう。>
3便目:(いわゆる皆さんの1P目に)お助けヌンチャクを掛けてもらって、今後はテラスに上がる手前でクリップさせてもらう。このテラスのガバも神田川の石鹸ではないがカタカタ鳴って、まともに持てず怖い、今回も4P目クリップまで。5P目クリップは右手アンダーで。その前に、左手ピンチで足を刻み、体を上げなければならない。この足順を記憶しなければ・・・。YM根君は左の大きな斜め棚に手を伸ばしていたが、自分はそこには行けなかった。5P目~6P目は、YM根君も解決できず、6P目~中間支点へも、私は行けなかった(涙)。
4便目:徐々に右足の痛みが増し、4P目クリップまでがやっとで降ろしてもらった。

帰りはリュックをYM根君に運んでもらう、申し訳ありません。骨折ではなかったので一安心でしたが、5日経ってもむくみがとれず・・・初日、カウンターパンチで1ダウンだが、再びファイティングポーズをとれるか?(しばらくお休み)
b0146794_18440846.jpg
【本日の成果】夏子、つる○、レインボー××××   (YM根君に貰った写真です、ありがとう。)

# by t-kashmir | 2018-06-03 11:00 | climbing  

180526 榛名山黒岩

 26日(土)、YM根君と黒岩へ。6時出発、9時着。本日28℃の天気予報だったが、朝から雲が多く、午後は風が出て気温も上がらず、岩の状態良し。水曜、木曜のバク食いで体重オーバー「それはしょうがない」と考えなければ良いのだけど毎回後悔ばかり。それでも運よく本日、YM根君と一緒にアイアンアーミーをRPできた。もうこれでアプローチのあの薮だらけのルンゼを上がらなくてよいと思うとホットする。
【アイアン・アーミー(11C)】ヌンチャク13本
・スタートは、左手近い方のカチ、右足棚に乗せて、右手フレークのさらに奥の棚、身体を上げて、左足張ってバランスで右手上のクラック。
・5P目~6P目へ:左足上げて、右足張って、ここで斜め棚を取りに行ってはいけない(これでは低い)。さらに左足上げて、右足上げて張ってから手を伸ばすこと。
・6P目~7P目へ:右手アンダーの持ち方がポイント。左足を上げて(黒い丸穴に見える処に)踏み込んで身体を上げると右手が良く効く。さらに右足、左足上げて左手でハンガー右の薄いが良く効くカチを取り、これをマッチしてクリップ。
・7P目~8P目へ:左足高く踏み込んで、左手白いサイコロ。右足信じて踏み込んで、右手水平クラック、ゆっくり左手クリップ。ここで大レストできる!
・8P目~9P目へ:左手フレークサイド、右手タテのクラック、左手逆おにぎりはガストンで中継?左右の足を上げてこの右手をアンダーに持ちかえて腰を低くして9P目クリップ。
・9P目~10P目 :左手斜め棚、右手タテのサイド、左手タテの良いサイド、そして右手ガバで10P目クリップ。
・核心は7P目から10P目まで。クライミングは記憶力なり。3便目でフットホールドを決めて、時間を空けず、記憶のお浚いで登ったのがRP便となった。
b0146794_23593327.jpg
【本日の成果】柿ドロボー(10b)m〇、アイアン・アーミー×××〇 
群馬組MC田さん、AYTさん、所沢HS本さんがレインボーのトライに来ていました。本日(フロ(26)の日で)風呂代が安く済み、夕飯は登利平(とりへい)の鳥重弁当(松)食べられて、ラッキーな一日でした。

# by t-kashmir | 2018-05-26 16:00 | climbing  

180515 祝55151500

b0146794_21512906.jpg
 5月の第2週から3週は第2のGW。母の日、誕生日、結婚記念日(銀)、そして8か月ぶりに娘が帰ってくる。お祝い、おいわいで酒が進み、体重が増えていきます。 息子は24歳となり・・・

# by t-kashmir | 2018-05-15 20:30 | family  

180512 榛名山黒岩

 12日(土)、YM根君と黒岩へ。05:45出発、事故渋滞で1時間遅れ。天気は真夏日25℃の予報だったが、雲が多く暑くもなく快適な一日だった。
トライ・アンド・エラー10b:2度落された。アイアン・アーミーと同じ都丸氏の課題、面白かった。
アイアン・アーミー:H岩奥様が参戦、初トライでヌンチャクを8本掛けてくれた。
・1便目:5P目クリップまで。6P目へ向かう甘い斜め棚を捌けずフォール。
・2便目:7P目クリップまで。核心は8P目~9P目間か?左手、白クラックのサイコロカチから右手、水平クラック。この後の右足が厳しい。左足薄カチに乗り込む前のこの右足の場所を決めなければならない。その後の数手もムーブ思い出せず・・・
次回は、アイアン・アーミーのヌン掛けやりたい。スタートの取りつきは、右足遠い棚、左手サイドカチで、右手フレーク、身体持ち上げて、右手斜め上のガバ穴へ。
 YM根君は体調不良で1便しか出さなかったが、この核心部分でスリップしフォール、惜しかった。次の便がRP狙いとなる。
b0146794_00065928.jpg
【本日の成果】岳友会ルート、トライ・アンド・エラー×〇、アイアン・アーミー××、スノードロップ〇

# by t-kashmir | 2018-05-12 17:40 | climbing  

180509 湖月堂

 5月9日、東金駅前の湖月堂本店が経営合理化のため閉店し、公園通り側にある店に一本化した。明治31年創業、ゆず羊羹でお馴染みの店。駅前の国道沿いには明治期以降の建築物がいくつも残っているが、旧道側としてご他聞にもれず今やシャッター街となって寂れ、淋しい限りである。あの頃の歳末の賑やかさはどこへ行ってしまったのだろう。市として、このような建物を移築してどこかに残すということはできないものだろうか。
b0146794_08151398.jpg

# by t-kashmir | 2018-05-09 18:00 | family  

180505 榛名山黒岩

 5日(土)、YM根君と黒岩へ。5時出発、8時前到着。二子とほぼ同距離、むしろこちらの方が近いか。天気は穏やかな晴天で日中は雲の陰りが欲しかった。
初めての黒岩、エンド・オブ・ア・レインボーの堂々たる壁を拝見しました。1P目のランナウトが怖い。グレードだけでトライしてみようなんて思わない。まずは安山岩のスラブとカチと足の拾いに慣れてからの話だ。サルバドール13aをトライするH岩夫妻に会って、アイアン・アーミー11Cの取りつきを案内してもらう(感謝)。このルート、渋好みのYM根君の選択で、レインボーと同じ都丸秀行氏の課題。1戦で反撃の意欲も奪われ撃退されてしまった。6P目から先は細かすぎて手が出なかった。まずはこれをRPしないことには・・・。次回は7P目までを目指す。H岩奥様がRPした西18番も都丸氏のルート、次回チャレンジしてみたい。
b0146794_11564110.jpg
【本日の成果】 岳友会ルート、月に吠える×〇、アイアン・アーミー×、鶴の友、オケラ

# by t-kashmir | 2018-05-05 16:00 | climbing  

180428 - 0430 飛騨高山

 今年のGW前半はお母さんと高山に出掛ける。計画は1週間前。まずは2日目の宿を乗鞍高原の「ヴィラのりくら」(温泉近くの1階103号室)、2日目の宿は高山駅付近のビジネスホテル「松山」の最後の1室(ツイン・喫煙室・素泊まり)に決めた。
28日(土)
・03:30 出発、08:00 中央自動車道で松本経由平湯温泉「平湯の湯」(露天、寸志、黄土色の鉱泉のような。)、安房峠越えは閉鎖だった。路上駐車は焼岳への登山者か、09:00頃出発。
・10:00 高山郊外「飛騨の里」(飛騨地方の移築の民家多数。飛騨民族村第3駐車場は無料。)、昼前にホテル着、チェックイン前の駐車OK。
・11:40 高山ラーメン「つづみそば」(昔ながらの雰囲気が良い。「めんやしらかわ」は行列。)
・12:30~酒蔵めぐり。①平田酒造「翠翁」(古酒23年)、「飛騨の華」(純米)各50ml有料試飲。②船坂酒造「深山菊」(原酒ワンカップ) ③原田酒造「山車(さんしゃ)」(小さめの猪口を300円で購入。12種類の酒を1杯づつ試飲。)⇒純米原酒の一升瓶を購入。
・16:00 ホテルチェックイン、夕食は駅近くのカレー屋。20:00頃には就寝。
29日(日)
・06:30 (車は昼までホテル駐車OK。)、陣屋朝市、宮川朝市。鍛冶橋付近のセブンで朝食。
・09:00 高山陣屋、説明員のかたに案内してもらう。(約1時間)
・11:00 吉島家住宅。
・12:00 高山出発。地元で旨いというパン屋を訪ねたが定休日で、ローソンのパンで済ます。
・14:40 乗鞍高原の牛留池、15:30 ヴィラのりくらチェックイン。
30日(月)
・09:00 チェックアウト、10:20 道の駅「安曇野ほりがねの里」、11:20 からさわ蕎麦集落「根橋屋」(混雑。13:00頃のほうが空いてる。)
・14:20 中央自動車道・大月付近(小仏トンネルからすでに渋滞17㎞、通過に80分??この程度なら突入だったか?)
b0146794_11162984.jpg
b0146794_11160637.jpg
b0146794_11152842.jpg

 いつも自然の中を散策する旅行が多いのだが、今回の高山では「飛騨の里」「高山陣屋」「吉島家住宅」の見学が特に良かった。写真は、チャールズ・ムーアというアメリカの建築家に「地球を半周しても見に来る価値があった。」と言わせた吉島家住宅。

# by t-kashmir | 2018-04-30 11:20 | family