巨人-横浜戦

  会社の組合で、久し振りに東京ドームへ。b0146794_14491229.jpg

 野球を観ながらの ビール。うまいっ。

その後、よき友達のT内君と水道橋の居酒屋へ。
いつもながら少々飲みすぎました。
 
[PR]

# by t-kashmir | 2008-07-11 18:00  

市役所を訪問する前に、

息子がクライミングを始めて3年以上がたち、今回はその位置づけを整理する良い機会である。

1.クライミングを始めて何年になりますか。  始めた動機は、
2.クライミングをしててどんな時が楽しいですか
3.逆に、つらいと思った時はありますか
4.あんなクライマーになりたいとか思う人はいますか
5.JOC、世界ユースでの目標は何ですか
6.国体も2年後です どこでどんな練習をしているのですか
7.勉強と両立させるにはどうしたらよいだろう
8.クライミングにおける目標はありますか。 今後どう取り組んでいくつもりですか
[PR]

# by t-kashmir | 2008-07-06 12:02 | family  

人生は勉強より「世渡り力」だ

b0146794_11224563.jpg
 一流には一流たらしめている理由が必ずある。「ほかと何が違うんだろう?」って考えるだけでも発想が広がるし、「そうか、ここに秘密があったんだな」なんて発見があれば、自分の仕事への向きあい方も変わってくるんだ。

 ひとつ何かを始めたら、それを究めることだよ。究めるためには、何がいちばん肝心だか知ってるか?基礎を固めることなんだ。みんな、基礎を蔑ろにして難しいこと、上等なことをやりたがる。だから、中途半端なことになっちまうんだよ。

新しい技術っていうけど、それは、じつは新しい発想で基礎をどう組み合わせるかってことなんだよ。
[PR]

# by t-kashmir | 2008-07-06 11:26 | reading  

「ことば」を大切に

  幕張総合高等学校の文化祭へ。
b0146794_2202226.jpg
 左の壁11ab 黄色バー、ピンク□を完登できました。W先生も黄色バー完登。
 W先生ありがとうございました。

 海音(KAINE)第10号に載っていた鈴木哲夫校長先生の文章が印象的であった。

 ことばの変化は、人間性に立脚した「変化」でなくてはならないのです。ことばは生きています。そしてことばはその人間性を端的に表すのです。
 「ことば」そのものの持つ意味を考え、そして豊かな人間性に立脚した言語生活の確立が必要であると痛感しています。
[PR]

# by t-kashmir | 2008-07-05 22:27 | climbing  

紫の11bcトラバースを

     やっと完登できました。
     U先生の白×11bもやっと完登できました。
b0146794_2019456.jpg

     W先生、ありがとうございました。
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-28 17:00 | climbing  

第2章 子どもは子どもなりの考えを持っている

 子どもの考え、理屈というものは、その本意がなかなか大人には理解されないが、子どもはそれなりの感受性や論理を持って、物事を考え、親や先生などの判断と違うことは「疑問」として強く記憶されることとなる。

b0146794_10104449.jpg
 斉藤学は、家族が幸せで安息の場であることは幻想にすぎず、家族内で、傷つけられ、大きな痛手を癒すことができずに苦しんでいることが多々あることをくり返し指摘している。
 子どもは、大人の姿をよく観察している。納得できる大人に対しては尊敬し、多少無理なことも引き受けようとする。反対に、納得できない場合、心の中では尊敬したりしない。
 生徒からの質問、批判に立ち往生してもよい。そこから学ぶ姿勢が大切なのではないか。これは、教師には誠実さ、自信、愛情という態度(資質)がなければならないことを意味する。
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-28 10:27 | reading  

第1章 同じ事柄に関する記憶や感じ方については、

 客観的、絶対的なものでなく、きわめて主観的なものである。受け取る人によって、意味付けが異なるわけで、客観的な真実としての重要性よりも、主観的な、その人その人にとっての現実がいくつも作られるということ。

b0146794_23464065.jpg
  「問題を抱えた家族の父子関係」に言及して、

子供の精神的な成長のプロセスを理解せずに、理解したと思い込んでいる世の父親は、ともすれば子供の成長・変化に気づかず、また気づいてきても、それに対処する方法が見つからずに、従来とってきた幼い子供に対する対処の仕方に終始して、子からの心的離反が増幅され、やがては好ましくないかたちで、それを爆発させることになってしまうのではないか。
 
 それでは、子供の成長・変化に気づいたとして、それへの対処方法は、どう見つけるのか・・・
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-28 00:18 | reading  

第1ターミナルビル ゲートラウンジより

    梅雨のあいまの久しぶりの五月晴れ。 JAL機が美しい。
b0146794_23341499.jpg

b0146794_2350588.jpg
 早めに帰宅し、息子とiPod専用ポータブルスピーカーを 探しに行った。

 (現在検討中) inMotion iM5e
 14歳おめでとう。
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-25 00:02 | hnd airport  

トウキョウ ソナタ

読売新聞の朝刊に 黒沢清さんのカンヌ映画祭「ある視点」部門 審査員賞の記事があった。

  「ぼくらをとりまく世界全体を踏まえた作品を撮りたいと思った時、一番身近な家族に、その縮図がふっと表現されることがあるんじゃないか。起こっている問題は小さくても、普遍的な広がりを持つだろうと考えました」
b0146794_23102759.jpg

    ボクんち、不協和音。

 映画が公開される9月には、この不協和音がすこしづつ調和していき、絆を深めていく。
 希望を見出すラストシーンを是非観に行こう。
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-23 23:21 | cinema  

幕張総合高等学校へ

チーム千葉ジュニアのクライミング練習へ。

b0146794_18272727.jpg

 休日出勤してくれたN先生、審判をしてくれたH野さん、そして、ビレーをしてくれたロッキーの仲間たち。
 たくさんの人たちのおかげで練習できるということを忘れないでほしい。
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-22 18:35 | climbing  

上野 鈴本演芸場へ

古今亭菊輔師匠の落語を聴きに。

b0146794_2335466.jpg
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-21 23:36  

横浜 関内にて

  当時の営業仲間?(ライバルH社)T田クンの北京壮行会に出かけた。
 関内は10年ぶりだろうか。95年から97年まで横浜で仕事をしていた。
 懐かしくて、馬車道の当時のテナントビルの前まで行った。

b0146794_1545860.jpg
 

  そのころ、昼食に行った味雅やポニーは昔のままだった。
  一緒に仕事していたA野クンは去年逝ってしまった。
 
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-20 23:30  

羽田空港第2旅客ターミナルビル屋上より

    全日空機が並んでいます。
    海の向こうは、千葉県。
    海上では、D滑走路を建設中です。

b0146794_0331538.jpg
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-19 23:00 | hnd airport  

マラソンのようにずっと走り続けたい

本日の産経新聞より

 十九世名人 羽生 善治さん

 「棋士は長くやっていけるので、一つ一つの負けを気にし過ぎずに、瞬間瞬間の次をめざして、マラソンのようにずっと走り続けたい。とくに間近にある大きな対局に集中したいと思っています」


b0146794_23135282.jpg


 「棋士」という言葉、「対局」という言葉をいま自分が一生懸命取り組んでいる「何か」に置き換えてみるとよい。
 結果ではなく、目標に向かう過程において努力すること。集中することの大切さを教えられる。
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-18 23:00  

梅3kg + ホワイトリカー3.6ℓ + 氷砂糖1.7kg =


b0146794_23472855.jpg



  クリスマスの頃には、
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-16 22:00 | family  

木更津の浜にて

 潮干狩り
b0146794_23271868.jpg


 浅蜊(あさり)10kg
b0146794_23281541.jpg

[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-15 07:00 | family  

47歳からの哲学

 「14歳からの哲学」を著した池田晶子さんは、昨年46歳で逝ってしまった。
そして、今年私は47歳になり、息子は14歳となる。

b0146794_22415462.jpg







これから出会う美しい日本語、新鮮な風景、そしてありきたりな日常を記録していく。
[PR]

# by t-kashmir | 2008-06-15 00:00