<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

二子山

 11月26日(土)、NG田君、YM根君、ポチさんと二子へ。小鹿野町の朝気温2℃、弓状の紅葉は「あっ」という間に終わってしまい、枯葉も落ちてトイレ付近からも二段岩壁が見えるようになった。11時頃までの暑さは雲の陰りで一変し日中は1月並みの寒さだった。
b0146794_23434100.jpg
【振り返るな】3便出した。
1便目:6P目クリップ、左手、右手、右手まで。左手アンダークロスに至らず。
2便目:左手アンダークロス刺しきれず。
3便目:左手アンダークロス刺すが、右手届かず。(最高到達点)
 体力のある1便目が下部ぎこちなく不甲斐ない登りになってしまったが、3便目でわずかに到達点を更新した。しかし肝心の右手は未だ取れていない。核心パートの練習では右足ヒール、右手保持まで探れた。コルネ首根っこを右手、左手どちらで取るか、今後の課題。右手で取ってドアオープンを早く試してみたい。
b0146794_2345792.jpg
写真上はきんさんの左手モニョモニョ取り手前。下はISMさんの本日2便目、惜しいRPトライ。
b0146794_2351021.jpg
【本日の成果】振り返るな×××
[PR]

by t-kashmir | 2016-11-26 16:00 | climbing  

二子山

 11月20日(日)、NG田君、YM根君と二子へ。小鹿野町の朝気温9℃、関越道は濃霧だったが坂本へ向かう麓の紅葉が美しく、弓状のもみじも「振り返るな」も楽しみで、今週は会社休んで京都でも行ってこようかと考えるほど朝からテンションが高かった。弓状のもみじは期待通りの今がピークだったが、「振り返るな」ではトップには遥か遠くで叩きのめされ、先週より楽になるどころの話ではない。(涙) YM根君のババージュではヌメリの右手ポケットに難儀していたが、私の方はヌメリ以前に、ムーヴが強すぎ、これは体幹の弱さ、持久力の不足?
【振り返るな備忘メモ】
1.(本日の到達点)核心入り口で左指アンダークロスを刺すも体を反せずテンション。 3便目では6P目クリップ直後の左手穴サイドが取れず悔しい思いをさせられた。左足は粒に上げ右足は乗せ処ないので壁を蹴りカウンター体勢で。左手穴サイド、上側奥が掛る。
2.(探りによる前進)右手遠いガバフレーク後、右足に乗り(その手前で自分は左足をワンステップ踏むのだが他の人は・・・?)フラッギングで左手モニョ下、モニョ上。左足踏んで、右足を右手ガバフレーク下のガバに乗せ、右手少し高いサイドカチ、ここまで。(この後、右足ヒール、右手上のコルネ?、左手?、ヒール外して右手左足の回転ブラーン。その後は???)
3.下部1P目過ぎ、左足外傾の棚で左手小刻みにせず大きく上を狙う。
4.2P目クリップ後の右トラバースが辛い。3P目~4P目間のガバ以外のハンドホールドを検討。
b0146794_23193654.jpg
b0146794_2319563.jpg
【本日の成果】振り返るな××× アップとダウンで4P目までをトライできればいいなあ・・・。
[PR]

by t-kashmir | 2016-11-20 15:35 | climbing  

二子山

 11月13日(土)、NG田君、YM根君と二子へ。小鹿野町の朝気温6℃、日中は晴れて岩はヌメリ気味。夕方はコンデション良化。本日より「振り返るな」、きんさんにヌンチャクお借りします。今日は5人とのこと?ワーカーホリック1本で初便の準備を開始。 1便目:4P目クリップまで。2便目:5P目クリップまで。3便目:6P目クリック、左手ポケットサイド保持まで、テンション。
【振り返るな備忘メモ】
1.2P目までの右手、左手(ペトのスタートのように手順を決める)
2.2P目~3P目間の右トラバース。 3P目~4P目間での第1レスト。
3.4P目クリップ後の右大ガバへ移動してのレスト。
4.4P目~5P目間の右腰押し付けレスト(これは全くできなかった)
5.6P目クリップまでの省力化(ここから本番)
6.右手、(飛ばし)右手サイド、左手アンダー指2本、遠い右サイド、(飛ばし)右手ガバ、この時の足位置ダメでガバを保持できず。左手モニョモニョ、右手(どれ?不明)、右足ヒール、そして? 7P目ヌンチャクは探り用とのこと。
 初日の「振り返るな」、辛すぎ、身体ヨレヨレです。やはりグレード高いです。6P目までをどこまで省力化できるか、いつも通りです。「任侠道」の5P目がこちらの6P目、ここから勝負です。任侠ではここで十分休めましたが、「振り返るな」ではそこまでの体勢が取れません。いずれにしろ6P目までを数こなすことで、その後が切り開けるか?です。
(二子の最も美しい季節が近づきました。来週あたりがピークか? 写真上:トイレ手前から二段岩壁、NG田君。 中:ペトリューシュカ、ちえさん。 下:二段岩壁、振り返るな、きんさん。)
b0146794_23314218.jpg
b0146794_2331252.jpg
b0146794_23311163.jpg
【本日の成果】 振り返るな×××
[PR]

by t-kashmir | 2016-11-13 16:10 | climbing  

二子山

11月5日(土)、NG田君、YM根君と二子へ。小鹿野町の気温9℃、0840弓状には2番目に到着。
あれっ、車無かったのにきんさんたちのザック? そう、今シーズンも賑やかになります。昨日、かずさCC(50,46)。今朝の体重、先週より800g増でマイナス気分。1便目のワーカーホリックで左足スリップ、転がり落ちた。急いて集中力が無かったのだ。悪魔、ノースのアプローチでなくて良かった。おかげで悪魔の登りはぎこちなく気分もさらに沈んだが、ノースを再登できてホッとした。
【ブロースト】
1便目:アプローチの4P目迄でヨレル。右トラバースで精いっぱい、5P目クリップ手前でフォール。核心手前ではどうしても6P目クリップができず。トップまで。
2便目:4P目迄の手順を固めるため一手ずつガバの位置をマークしつつゆっくり登る。
右トラバースは左足を下げない方が良い。6P目は核心の右手うすいコルネまで行ってしまい、その後にカウンター体勢でクリップする。
3便目:4P目までのアプローチが断然楽になった。レストせず右トラバース、5P目クリップ、ここで2,3度両手をシェイク、コルネの登りを一気に。右足ヒール、右手コルネ首、左手アンダーカチ、両足左に移し、核心ピンチを取って6P目クリップ、そのまま左手カチ、右手ポケット、そしてガバ、7P目、ここでほぼおしまい、終了点へ向かう。今まで随分苦労したのに、あっけなくRPできてしまった。前半の省力化が良かったのか?  (写真:ブローストを一緒にトライするNG田君。)
b0146794_821990.jpg
【本日の成果】ノース〇、ブロースト××〇(9日、28便)
夕方、「振り返るな」の下部アプローチを触らせてもらいました。 HR田さんのRPに、「乾杯」!
[PR]

by t-kashmir | 2016-11-05 15:00 | climbing  

千葉劇場

 11月1日(火)、本日、ファーストデイ映画¥1,000の日、千葉劇に黒沢監督の「ダゲレオタイプの女」を観に行く。生きている者と死者が交わるゆったりとした緊張した画面が続く。マリーが死んだのは階段から転げ落ちた時か、それともジャンがマリーを病院へ運ぶ途中の湖で車から放り出された時か?ステファンが自殺した後のジャンのピストルはシャブロルの「いとこ同志」を思い出す不条理劇。もう死んでしまっているかもしれないマリーとの逃避行は「俺たちに明日はない」か? 車のフロントガラス越しに見る二人は幸せそうだが、もうすぐ二人の時間が終わってしまうことをすでに分かっているという切なさ。以前たびたび夢で逢った、昔の恋人との短いデートの時間のようだ。ヌーベルバーグ的な、田中登の「阿部定」的な、吉田喜重の「秋津温泉」的な悲しいラストシーンに胸がつまりました。いい映画です。
b0146794_2353152.jpg
   帰りに今月末閉店の千葉パルコに寄って、今までのポスター展を覗く。
b0146794_23533182.jpg
  これもポスター展の1枚。上海の少女か。
b0146794_23545999.jpg

[PR]

by t-kashmir | 2016-11-01 14:30 | cinema