<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

福井へ

 3日目:6月22日(日) 10:00 曹洞宗大本山永平寺。永平寺は今から約770年前の1244年に道元禅師によって開かれた座禅修行の道場である。「七堂伽藍」・・・山門、仏殿、僧堂(座禅、食事、就寝)、庫院、東司、浴室、法堂(説法や各種法要)を結ぶ回廊を順路に沿って歩くのだが、広すぎてひととおり見て歩くという状況。ここもいつか一人でゆっくり見て廻りたいものだ。
b0146794_0163534.jpg
 恐怖時光之大速所以行道救頭燃(時がものすごい速さで過ぎてしまうことを恐れるものだが、修業に没頭していればそんなことは考えている暇なないぞというような意味)
b0146794_0164812.jpg
 12:00 東尋坊で昼飯。〇〇の名所で有名な断崖絶壁だが、ここは食いもの屋、土産物屋がいっぱいで花見に来たのか、浅草寺に初詣でに来たのか分からなくなる。松本清張の小説に出てくるような風の強い夜にロングコートを身にまとった憂えた若い女性が現れるようなさびれた昭和の雰囲気が欲しい。しかし、絶壁の先端から覗き込むとさすがに足がすくんでしまった。
[PR]

by t-kashmir | 2014-06-22 10:00 | family  

白川郷~高岡~山代温泉

2日目:6月21日(土) 金沢エクセルホテル東急を9:00出発。北陸自動車道を北上し、小矢部砺波JCTで東海北陸道を、この地方特有の田んぼの中の散居村を左右に見ながら南下する。途中、城端サービスエリアも過ぎ、5,6年前はJOCで毎年ここに来ていたことを思い出す。1時間ばかりで白川郷に着く。五箇山の集落よりも観光地化されていると期待していなかったが、なかなか良かった。それでも、やはり土産物屋や食いもの屋の数を減らした方がより良いのだが・・・
b0146794_093465.jpg
b0146794_094468.jpg
 白川郷を11時過ぎに出発し、来た道を北上。富山高岡にて昼飯。午後は瑞龍寺を見学する。曹洞宗高岡山瑞龍寺は、加賀二代藩主前田利長公の菩提をとむらうため三代藩主利常公によって建立された寺である。総門、山門、仏殿、法堂を一直線に配列し、左右に禅堂と大庫裏を置き、加えて四周を回廊で結ぶなど、厳粛且つ整然たる伽藍構成である。山門、仏殿、法堂が国宝。総門、禅堂、大庫裏、回廊、大茶堂が国の重文に指定されている。
b0146794_095933.jpg
      山門の入り口から仏殿が額縁で切り取られたように見えるよう工夫されている。
b0146794_010174.jpg
 2日目の夜は山代温泉の瑠璃光に泊まり、またまた宴会。
[PR]

by t-kashmir | 2014-06-21 10:00 | family  

金沢の夜

 6/20(金)~6/22(日)、会社の安全衛生協力会で北陸地方を旅行した。
1日目:昼間は小松CCでゴルフ。夜は「金沢茶屋」で宴会の後、ひとりで金沢の町をぶらつく。 
b0146794_2033322.jpg
    ひがし茶屋街は、木虫籠(きむすこ)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並み。
b0146794_2034290.jpg
    主計町(かずえまち)茶屋街は浅野川の川岸にある。裏通りにある「あかり坂」は暗い夜
    のなかに明かりを灯すような作品を書いた泉鏡花を忍んで名づけられたとのこと。
[PR]

by t-kashmir | 2014-06-20 21:30 | family