<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

城ケ崎

 23日(日)、NG田くん、ゲンちゃんと城ケ崎へ。天気、晴れ。朝のうちは岩の冷たさも残っていたが雲のない良い陽気で岩の状態は良くなかったと思う。河津桜の季節か、帰りは湯河原を過ぎた辺りで久々の渋滞にはまるがそれでも以前ほどではない。 チリコンは1便目、2便目とも核心を越えられず 凹んだ。3便目はヌンチャクが回収されたので、ヌン掛けの練習を兼ねて登り、何とかトップまでたどり着く。ヌンチャクが無い方が思い切って行けるようだ。
チリコン核心ムーヴの留意点:
①左足キョンする前の右足は一段高いチョーク跡に置く(狭くなるかも・・・)。
②左手カチを保持した時、左足キョンは切らない。また右足もそのまま残した状態でさらに上のチョーク跡の白いハンドホールドに乗せて右手を出す。右手出す前にどこかで中継か?
③右手を掴んだら、両腕をロックし続けること。
b0146794_2358988.jpg
  (写真下:NG田くんの「虎の穴」核心左手ホールド。これを保持できれば・・・)
b0146794_23582065.jpg
  【本日の成果】海賊フック、チリコン×××
[PR]

by t-kashmir | 2014-02-23 15:30 | climbing  

浜名湖 舘山寺温泉

 14日(金)、15日(土)と消防関連の研修会。7:30観光バス貸切で千葉駅前出発。アクアライン経由で茅ヶ崎・宮田工業訪問、12時過ぎ、小田原鈴廣で昼食、予定の第二東名は通行止めとなり、第一東名で浜名湖へ。御殿場から沼津間は大雪で徐行もしたがそれを過ぎると雪は無くなり雨でスムーズに進む。16:40浜名湖 舘山寺温泉のホテル九重(人気ランク20位)到着。またまた贅沢な宿で美味い料理と日本酒熱燗。(写真:ホテルロビーからの浜名湖の眺めは良かった。)
b0146794_23174510.jpg
 2日目は航空自衛隊 浜松広報館へ、入場料無料なので期待していなかったがなかなかのもの。行程では90分取っていたが半日じっくり見て廻れる内容。是非また来たいものだ。春華堂でうなぎパイを買って、焼津のさかなセンターで昼飯。(写真:F1支援戦闘機操縦席のゲージ類)
b0146794_23175724.jpg
 朝から東名の通行止めが気になっていたが、昼食後も回復の見込み無し。一般道も寸断され帰れず、東名、静岡ICで降り観光バスを棄て、新幹線での帰宅となった。若い幹事さんは急な予定変更に神妙な顔つきで恐縮していたが朝から状況を見ながら適切な判断をしていて感心した。静岡から1時間で東京着。その後の乗換え連絡も良くこちらの方が良かった。東名の大混乱は家に帰って知ったがパーキングに入りきれないトラックが何キロと続く路上に延々と停車している状況を見て、東名が日本の物流の大動脈であることをよくよく実感した。1日目のアクアラインも東名も我々が通過した直後に通行止めになったようだ。この週末も運が良かった。
[PR]

by t-kashmir | 2014-02-14 16:40 | family  

城ケ崎

 11日(火)建国記念日で祝日。ゲンちゃん、NG田くんと城ケ崎へ。4:30出発、天気予報は「曇りで肌寒い」だったが、伊東を過ぎたころから雪が降り始め怪しくなり、8:00駐車場到着時点では湿った雪がしんしんと降り地面もすっかり濡れて意気消沈。シーサイドに降りてダメだったらすぐ帰ろうということでカッパと長靴で出かけたが、以外にも岩場は濡れてもなく(海からの風が無かったことが幸いした)雪もほどなくやんだ。一日中晴れ間のない寒い日で岩は冷めたかった(←二子では全く問題ないレベルだろう)が予定通りのトライもできて本当にラッキーだった。
 チリコンは写真の方にヌンチャクをお借りした。4ピン目、5ピン目のヌンチャクは長めのものを用意すること。前回核心手前まではスムーズに行けたのだが今回は1便目、2便目とも手順にてこずり下部でヨレてしまう。ヨレの要因は指の冷たさと雪掻きの腰痛かもしれないが、せこく消耗を避けようとする欲の表れか初便のような思いっきりが無くいつもがっかりする。これを何とか改善できないものかと考える。3便目は寒くても長袖シャツを脱いで半袖1枚になったが、登り始めるとこちらの方が良かった。チリコンは核心さえ越えられればと思ったが、これもストレニの課題、下部をいかに省力化してうまく登るかだろう。どのルートも基本は同じだ。核心は左手カチ(上部の細いシワシワ部分)を我慢して保持した後のムーヴ、写真の方はそこで一端マッチして右手を出している。今の自分は現場でその際の右足位置を確認できる余裕がないのだ(涙)。
b0146794_23124230.jpg
    【本日の成果】チェシャネコ、チリコン×××
[PR]

by t-kashmir | 2014-02-11 11:09 | climbing  

大雪警報

 8日(土)、明日の城ケ崎が中止となりインフィニへ。貸切りかと思ったがみな考えることは同じだった。さすがの東武野田線も帰りの6時過ぎは徐行運転で「まもなく~」からなかなか来ない。
b0146794_22102578.jpg
 「まもなく~」から「ご注意ください」に変わってもなかなか電車は入って来ない。
b0146794_22103753.jpg
 また「まもなく~」に変わった?やっと来た。「遅れて申し訳ありません」と謙虚なアナウンスが何度もあったが、ちょっとやそっとで止まらないこの路線にいつも感謝しています。
b0146794_22104725.jpg
 翌日は雪かきで腰が痛くなった。午後はユーストリームでボルダーのコンペを観戦した。
[PR]

by t-kashmir | 2014-02-08 18:50 | family  

お座敷列車

2日(日)、3日(月)とJRさんのお座敷列車で三嶋大社へ安全祈願。昨日の伊豆へふたたび。
b0146794_22585325.jpg
三嶋大社では結婚式もあり花嫁さんが可愛い。後ろの千鳥足が同行の方々、総勢152名。
b0146794_2259416.jpg
泊まりは伊豆長岡のホテル天坊で贅沢な一夜を過ごし、21時前には爆睡。バスガイドの話では伊豆の温泉は中伊豆が一番で、女性にとっては下田の観音温泉が化粧水のなかにいるような・・・。 翌日は大仁を経由して伊東への途中でミカン狩り。城山も久しぶりに見た。
b0146794_22591233.jpg
「いろり水産」で金目鯛の干物を買い、昼食は小室山で。川奈のゴルフコースが良く見える。
b0146794_22592271.jpg
初めてのお座敷列車はそれはそれは楽しいひとときで。食い過ぎ飲み過ぎ、体重増量(涙)。
b0146794_22593081.jpg

[PR]

by t-kashmir | 2014-02-02 09:56 | family  

城ケ崎

 1日(土)、ゲンちゃんと城ケ崎へ。5:00過ぎ本八幡駅発、9:00シーサイド着。朝から暖かく3月上旬の気温。ピーカンで風もなく、日中のホールドの状態は良くなかった。行き帰りの渋滞は今回もなく、帰りは伊東の「はなわ」という定食屋に立ち寄った。次回はニラ豚定食にする。
 パンⅡの本日1便目(10:00)は岩の状態も良く、ハングの右手クロスが保持でき、上部も何とか繋がりRPできた。今後もヨレル前の1便目を大事にしなくてはならない。この課題は6ピン目クリップ前の足を置き換えてガバ取りに行くところが核心か? この1便のRPは次の3点によるもの、みんなに助けられた。①先週に引き続きシュンタロウさんがアップでヌン掛けしてくれ、降りる時も丁寧に掃除してくれた。②ゲンちゃんが2ピン目クリップ前の左手ホールドを教えてくれ下部が断然楽になった。③5ピン目クリップ寸前に「ゼット!」の声をかけていただき危うくZクリップを防げたこと。ありがたい(感謝です)。 その後、チリコンを3便出した。核心の左足キョンからの左手保持と、そこから身体を反す時の右足位置は? ムーヴはパンⅠ→パンⅡ→よりさらなる体幹を要す。それよりヌン掛けをシンデレラの人たちにも迷惑かけずにできなければ・・・ 今日はとにかく合間にやらせてもらった恰好でこれではダメだ。  (写真:チリコンカンの核心!)
b0146794_23402218.jpg
【本日の成果】 ピーターパン、パンⅡ〇(3日7便目)、チリコン×××
[PR]

by t-kashmir | 2014-02-01 10:00 | climbing