<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

湯河原幕岩

 2013年、大晦日。ひろくん、ちえさん、☆くん、Kぎりさんに同行し、湯河原幕岩・正面壁へ。
相模原を6:35出発、7:05小田厚に入り、8:00前には駐車場に着く。1時間20分見ればよい。風は少し吹いていたが穏やかな日だった。湯河原の安山岩は足置きが重要でバランシー、右足首の不安も少しあり、この日は何をやりたいという特に考えもない楽しみクライミングだったが、いつもながら同行者から学ぶことが多かった。
 一つは10D三ッ星のマスターオンサイトにこだわった相方。先発者がいて次は私の順番。状況は陽も陰り始め、隣りの10Cを登ったばかり、「核心が怖いよ」という前情報もあって、私は先発者の登りを眺めていたが、相方はそっぽを向いて知らん顔していた。「はっ」としてインターバルも短い相方にマスターで出発させ、ものの見事にオンサイトしてしまった。かっこいいなと思いました。(お世辞でなく本当に。)  もうひとつは、相方のアシスト優先で自分の本命ルート1便目が16:30過ぎとなったスパイダーマン、夕闇で足置きも見えずらくなる中でよくマスターで登って行った。彼が相方の楽しさを優先させたように、自分も特に目的ルートがないのなら彼が午前中からトライできる配慮ができなければなあと、つくづく反省とともに感心させられました。 ゴルフは人の性格が良く出ると言われるが、岩登りもそうだなと思える場面が多いです。気を付けなければと思いますが、気を付けられないのが「性格」です。 今年もみなさんお世話になりました。 
b0146794_18324698.jpg
【本日の成果】サマーアイズ10A ×〇、№7ルート10B 〇、ポニーテール5.9 〇、ジムシー10C 〇、かずえちゃん・としおちゃん10D 〇   (写真:ポニーテールと№7ルート)
[PR]

by t-kashmir | 2013-12-31 16:30 | climbing  

平常心のレッスン (小池 龍之介著)

b0146794_2373224.jpg 曹洞宗の瑩山(けいざん)禅師は「茶に逢ったら茶を喫し、飯に逢ったら飯を喫す」と表現している。何か特別なものを「手に入れたり目標に至ろうと欲望する」のではなく、茶を飲むとかご飯を食べるとか、目の前のふつうのことをふつうに、無心に行うことのなかにある、と。ふつうに、あるいは、あるがままに。お茶を飲むことそのものにふっと無心になっているなら、そこに平常心の根本があります。そして瞑想するにしても重要な仕事をするにしても、何か特別なこととして気負って行うものではなくて、茶を飲むときは茶に、飯のときは飯に心をむけるのと同様に、当たり前のあるがままに取り組むとよい。そのときはじめて肩の力が抜けて、「本来の100%」の力を発揮することがかなうでしょう。 それは、「手に入れたい」と欲の対象として、何かを「やるぞ」と力んだとたんにその対象が消滅してしまう、ということ。目標・目的を忘れて淡々と取り組んでいるうちに、はた、といつのまにかその中に入り込んでいるような、あくまで副作用としてしか生じないもの、このような心境で登りたいものです。  来年の城ケ崎に向けてジムでトレーニングを始めたものの力み過ぎで、22日、右足首捻挫。なかなかうまくいかないが愚痴らず「そのようなもの」と今をそのまま受け入れることが肝要とも言っています。
[PR]

by t-kashmir | 2013-12-23 23:07 | reading  

二子山

 8日(日)、NG田君と二子へ。麓の朝の気温3℃。風もなくまだまだ問題ない気温で、岩場では懐かしい方とも会え、有名なクライマーと同じラインを登ることもできた。ペトは12:00前の1便目は指が冷たかった。1便目では核心ムーブの両足で踏ん張る感覚がなかなか掴めずこの1週間の酒の飲みすぎとか2週間ぶりの木曜日のジム疲れとか原因を考えたがやはり岩の冷たさへの対策をすべきかなあと思う。この日はその後の14:00、16:00の便では岩の冷たさ無く、まずまずのトライができた。一番の収穫は右トラバースで左足ニーバーのレストができたことか。ここで右手をコルネから離しシェイクできる。お座りレストはできないがその手前のコルネガバで第一レスト、その上の左手ノーズで第二レストそして左足ニーバーの第三レストで核心に挑める確率が大幅にアップする。右トラバースの際の右足の置き場所がまだ分からないが、思い切って足ブラで振ってしまってもいいらしい。最終クリップの右足コルネでは無理にキョンする必要なし。核心で左足キョンを決めるのだ。最終ガバを捕った後が核心で腹に力を入れて右足、左足、右足ポケット、左足ギョーザへステップすること。2便目は惜しかったがまだまだ実力が足りていない。
 折しも帰りの車のラジオでプロゴルファー宮崎優作のツアー初優勝(11年目)を聴いた。「苦しいこともあったがやっとここまでくることができた」という彼の言葉に、「まぐれでもRPできればなあ」という考えは良くないなと思った。
b0146794_22431419.jpg
    (写真:ペトリューシュクアー12Cをトライする皆さん。)
b0146794_22432456.jpg
    (写真:17時前の弓状エリアからの両神山の稜線。今日も良く遊んだって感じ。)
   【本日の成果】高くのぼれ、クールダウン、ペト×××
[PR]

by t-kashmir | 2013-12-08 14:00 | climbing