<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

二子山

 30日(土)、NG田君と二子へ。天気良し、皆野の朝の気温6℃、日中の岩場の気温は8℃~13℃程度か。風がなく寒さは感じなかったが岩は10:20、13:20、15:20どの便も同程度の冷たさを感じた。ペトはムーヴ探りで2便の予定だったが欲張って3便目も出した。下部でヨレを感じたがそれでも核心ムーヴ手前までは行けた。(1)スタートはクリップ後、右ピンチ、左、右コルネ、左ガバガストン、2ピン目クリップと思い切ってリズムよく行く。(2)レストポイントのお座りガバを試すがしっくりしないのでその下の左ノーズガバで休むことにする。足の置き換えで身体をあまり振らないほうがいいらしいが、丁寧に持ち替えして休むこと。(3)レスト後左上カチ、右手カチに寄せて右手下のノーズへ(この時の足の運びを安定させること)、左足ニーバー気味に決めて、左手アンダー(3個ほど候補あり)、左右に振って徐々に身体を上げて右手上のノーズへ、左足決めて8ピン目長ヌンへクリップ、(4)ここから核心。左ポケット、右足キョンで右手親指ピンチポケット、左足白ホールド右足ノーズ下、左足黒光りの下、右足ノーズ上左の穴、左右のポケットアンダーに持ち替えて、左足を前回より左上に替えた。バックステップで左足と右足で身体を固めて、ギョーザ中継で終了点ガバへ。両足に意識して腰を落し、身体を固めるとギョーザホールドは低くなり終了点が近づく。    (写真:「星に願いを」を登るつよいH本さん)
b0146794_21472323.jpg
    (写真:「青い目のセリーヌ」をトライするNG田君)
b0146794_21473867.jpg
    【本日の成果】高くのぼれ、ペトリューシュカ×××
[PR]

by t-kashmir | 2013-11-30 13:20 | climbing  

二子山

23日(土)、朝の気温5℃、日中は15℃前後で風なし。絶好のクライミング日和にNK田さん、NG田君と二子へ。先週からペトリューシュカを始めた。
 ペトリューシュカの核心は辛い。ペトが二子でのライフワークとなってしまうのか。このルート始めたが最後、この最後の核心ムーヴを決めない限りRPはない。かといって他にできる課題も無し。一度触った課題はある程度納得がいくまではトライを続けたいという思いもある。またペトは人気ルートで順番待ちなど、気ままに触れるわけではない。なにより終了点手前のヌン掛けができるだろうか。これが一番悩ましい。場所も風が抜けて寒いし・・・ とにかくペトを始めてしまった。この核心ムーヴにトライし続けられるか?強いクライマーたちも苦労したこの課題に早くも弱気になっているが、まだ5便出しただけさ、希望を持ってトライしていこう。そのためには・・・
(1)核心手前までのムーヴを固めること。人のコピーに拘らないこと。足位置をひとつひとつ決めること。 ①最初の難所右手フレーク、左手寄せて右手カンテガバ、左手デッド気味のカチ取り付近のステップを決めること。 ②最初の大レスト後の次のレストポイントは? 最初のレストだけでは核心に入れない、もう一つあるはずだ。噂に聞くお座りポイントは分かったが全然休めなかった。 ③右へのトラバース、右手コルネ→コルネのときの左手はどこを使う、ステップも決まっていない。 ④核心手前のキョンの決め方と練習  (2)核心部の足位置を決めること。右足コルネ左サイド。左足黒光りのホールドと教わったが今一窮屈でうまく乗れない。もう少し外側で高い位置に何かないか探してみる。 (3)今日教わったことは、最初の難所に入る際の左手は低い方のポケットを使う。身体を壁に引き付けること。ギョーザは保持せず中継のイメージで終了点を取りにいく。終了点は低い方の穴を狙う。奥にもう少し効くところがあるらしい。 (4)あとは、ジムで3級課題をこなせるようになることと、つらくて続かないけど体幹の筋トレかなあ。 
b0146794_1712856.jpg
  (写真:ババージュからサバージュへ移行するところのNG田くん。)
【本日の成果】高くのぼれ、クールダウン、ペトリューシュカ×××
今日はNK田さんがペトリューシュカをRPした。無駄のない綺麗な登りだった。おめでとう。
[PR]

by t-kashmir | 2013-11-23 11:30 | climbing  

二子山

 17日(日)、NK田さん、なかちゃんと二子へ。現地でNG田君ファミリーと合流。午後からの天気が心配されたが全く問題なく一日晴れ。しかし朝の気温は日に日に低くなる。
 広場の「高くのぼれ(10B)」でアップ。次のアップはSVPの4ピン目までを下部お浚いを兼ねてやるつもりだったが、大レストでのはり具合で本チャンに切り替えた。上部は1週間前の記憶でスムーズにこなせ、自分にとっての核心7ピン目クリップ後の手順もうまく行き、お座りホールドまでは少し余裕も残して到達できた。腕のパンプはなかなか回復しなかったが十分レストし、あとは問題ないはずの終了点へ。城ケ崎のパンワンの悪夢もあり終了点間際はぎこちなかったが運よくRPできた。合計20便目。6~8ピン目間のムーヴと持久が課題だったが、5ピン目後に2回目の長いレストを入れたら繋がるようになった。逆にどうにでも行けた下部の手順がぎこちなくなり4ピン目のレスト前に無駄な消耗をするようになってしまった。足位置の決めと少しずつのレスト、シェイクが大事と感じた。この課題も長くビレイをお願いしたNG田くんに感謝。
b0146794_20514369.jpg
  (写真は、「火の鳥」トライのひろくんが撮ってくれたうれしい1枚。ありがとう!)
 昼から、「ペトリューシュカ」に参戦した。2便出したがムーヴはSVPよりきつい。また皆さんのレストポイントでも休むことはできなかった。核心のギョーザホールドから終了点のムーヴは4級とか。右手ピンチの厳しいムーヴ、果たして完登出来る日は来るのか?今はまだ深く考えるのはよそう、まずはムーヴを繋げることだ。
【本日の成果】SVP〇、ペトリューシュカ××
[PR]

by t-kashmir | 2013-11-17 09:50 | climbing  

二子山

10日(日) 3週間ぶりの二子へ。NG田くん、NK田さん、なかちゃんと出掛ける。昨日の二子は寒かったようだが今日は暖かい。しかし気温が急に上がった影響か滲み出しは昨日より多いらしく状態は良くなかった。
SVP1本目:下部の滲み出しでガバの状態も悪く散々の登りだった。9月末にマスターでトライした1本目に遠く及ばず、2-3ピン目間でフォールした。上部の状態は良かったがパンプしまくった。
SVP2本目:4ピン目までの下部がうまく捌けなかったが、初めて7ピン目まで行った。最初の核心では手順を間違えアンダーガバから左手ガストンでガバポケットを取り5ピン目クリップ。今まで左手でまさぐった穴ホールドを右手で中継し右足を良く踏み込んで右手サイドガバを取りに行った。自然に出たムーブなのでこちらの方が成功率が高いかもしれない。
SVP3本目:今日は滲み出しの影響か下部の手順が全くうまく行かない。4ピン目の大レストまでに相当消耗する。しかしここでうまく休んで最初の核心を越えたら、今回も7ピン目まで行くことができた。下部を上手くこなせば展望が開けるかもしれない。7ピン目後のムーヴをお浚いした。7ピン目ハンガー右のあまめのピンチ、左足リングボルト左の茶色、右足を右に張ってやはり茶色がかった場所に置き、体を捻じって左手でガバを取りに行ってみよう。ここでガバが掴めれば。
b0146794_21513619.jpg
 (写真上:二子も色づいてきた。 下:SVPの2-3ピン目間、何でもないガバルートのはず!)
b0146794_2151148.jpg
【本日の成果】ワーカーホリック、悪魔のエチュード、SVP×××
 今日は風邪で体調不十分なはずのNG田君がババージュをRP。本人は無欲ゆえ力みが無かったと言っていたが、やはり登りきるという気合の大きさに尽きると感じる。おめでとう!
[PR]

by t-kashmir | 2013-11-10 12:30 | climbing  

ピアノリサイタル

9日(土) 千葉市美浜文化ホールにて加瀬茉理枝さんのピアノリサイタル、19時開演。娘を誘ったが案の定ていよく断られひとりで出かけた。あまり聴いたことのない演奏曲であったが鍵盤を叩く指先の激しさ、細やかさも観られ、演奏の聴き分けなどできるはずもないが結構愉しめた。
b0146794_21441080.jpg

[PR]

by t-kashmir | 2013-11-09 19:00 | family