<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

二子山

 28日(土)、NG田君と1か月早い(と思っていた)二子へ向かう。5:00出発、8:00過ぎ到着。
祠エリア、弓状ともコルネの滲み出しはまだあるが登りに支障はない。今年から10月、11月のクライミング・シーズンの週末は何かと付き合いが多い。岩場とどう両立させるか?が難題。岩場に行けば仕事のことは全く忘れられるのだが・・・
b0146794_028357.jpg
 SVPを3便出した。1便目:ヌン掛け、マスタートライ。大レスト4ピン目から初回の核心を越え5ピン目まで掛けられた。 2便目:ボロボロ 3便目:1便目で出来た最初の核心を越えられず(身体張力のヨレ?)、必死に回収。(写真: 青々とした木々の二子弓状は初めてじゃないかな・・・)
b0146794_0284419.jpg
【本日の成果】話がピーマン〇、シリアル〇、SVP×××
[PR]

by t-kashmir | 2013-09-28 11:00 | climbing  

北海道(釧路~阿寒~帯広)

 12日(木)、13日(金)、14日(土)と北海道へ。3日目の北海道クラシックゴルフクラブ帯広(クラシックコース6,624yard)は難しく、今更ながらグリーン回りのアプローチ、グリーン上での読みの大切さを思い知らされた。プライベートでないセルフでは当たり前のことだが誰も頼る人がいない、すべて自分自身で判断しなければ。まして難しいグリーン・・・、その中でプレーもきびきび行わねばならない。きびきびとはクラブを置き忘れるような慌てることではない。この日は生憎の雨模様でこの日の天気のような思い出になってしまったがとても勉強にもなった。 しかし、DVRやフェアウェイでのアイアンでは身体と同調して両手で振り切るスイングができたのが良かった。
b0146794_12373021.jpg

[PR]

by t-kashmir | 2013-09-15 14:30 | golf  

若草会旅行

 7日(土)、8日(日)と社内旅行で河口湖~富士山~石和温泉を周る。観光バスで酔って居眠りしながら着いた富士は定番の5合目まで。ガスがかかり視界がなく高速道路のパーキングに居るのと全く変わらない。予想通りとは言え、団体旅行の観光はあまり面白くない。
b0146794_1165868.jpg
 石和温泉の宿「ホテルふじ」は良かった。到着早々大浴場で温泉に浸かった後、ひとりでプールサイドでうたた寝。起こされなかったらあやうく宴会に遅れるところだった。2次会で若い連中がカラオケでほかの団体と戦っているとき、私はホテル内でたまたま見つけたボーカル唯文、ベース高橋辰巳、ピアノ大貫祐一郎、アコーディオン桑山哲也のライブを聴いた(LiveCharge¥4,000 宿泊者無料)。シャンソンやジャズの生演奏、この旅行の中で最も充実した時間だった。
b0146794_11345424.jpg
 翌日は武田信玄の墓がある塩山の乾徳山、恵林寺に立ち寄った。
「安禅必ずしも山水を須いず、心頭を滅却すれば火も自ら涼し」 天正10年(1582年)4月3日、武田氏を滅ぼした織田軍は恵林寺に押し寄せ、潜伏保護されていた六角義弼(よしすけ)らを引き渡すよう快川(かいせん)和尚に命じたが拒否され、怒った信長が三門に快川和尚はじめ約百人の僧侶らを封じ込め火を放った。快川和尚、壮絶な火定(かじょう)を遂げた際の一句である。
b0146794_1212387.jpg

[PR]

by t-kashmir | 2013-09-07 13:30 | family  

2013全日本山岳写真展

 3日(火)、今年も池袋の東京芸術劇場に山の写真を観に行った。西穂からの「遥かなる白い峰々」など、どれもこれもいい。1時間半たっぷり観てまた山にも行きたくなるが左膝が恨めしい。麓からの写真もなかなかいいものがあり、カメラの技術があれば自分もと空想する。
b0146794_0314632.jpg

31日(土)の∞ :1週間の奥壁140°の練習の成果を試そうと、130°壁のボルダー課題をトライしたが以前登れた課題もできずとても凹んだ。被った壁をやれば傾斜の緩い壁が登れるというような単純なものではない。この日は一日休息明けにも関わらずパフォーマンス上がらず。(涙)

1日(日)の∞ :18:00よりルート課題。
【本日の成果】茶10d 〇、オレンジ11b 〇、黄11cd ××、桃11d ×〇
桃はトップ手前のクリップを飛ばし終了点へ行ってしまったがこれだと11bc程度か。ここのルートは超短いのでクリップの飛ばしは基本的にNG。だが、黄、緑に進むことにする。
[PR]

by t-kashmir | 2013-09-03 16:00 | family