<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

甲府幕岩

 ちょうど2ヶ月ぶりの岩場。コブ君、ヒロ君、ちえさんに同行させてもらい2回目の甲府幕岩。今週は木曜日が菊輔曼陀羅を聴きに上野鈴本へ、金曜日は組合の支部祭で東京ドームの巨人-中日戦といろいろと楽しみがあった。体重60.4㎏、朝は2:30に目覚めて相変わらずだが何しろ久しぶりの外岩なので気分は好調であった。まさやんと現地で合流、混雑もなく、暑くも寒くもなく、岩の状態も良かった。今日の目標はオンリーワン。TN田さん夫妻も、みぽりんさんも「なかなか良いルート」と言っていた。隣のJUNE11bcをマスターで終了したまさやんを誘ってトライした。
1便目:ヌン掛け、スタートは右壁とのクラックを使って登る。(事実上3ピン目クリップスタート)
2便目:プレクリップでスタート。まさやんの一登目で使うホールドを教わり離陸できた(やった!)、1ピン目~2ピン目間が甘く、2ピン目バランス悪くヌンチャクを掴んでしまった。その後もう一度テンションしトップまで繋げる。ムーヴが何となく分かる。
3便目:まさやん2撃のRP後で自分も真面目にRP狙い。4ピン目クリップ後に動けなくなりテンション。クリップ後の右手ガストンからの数手が核心と思い、一度お浚いして降りる。
4便目:核心で剥がされそうになったが何とか耐えてRB。

 翌日の天気が崩れる予報で急遽日帰りとなった。 「昭和の岩場」らしいが、自分は好きだ。
 次はトカゲから爆弾低気圧か?  (写真は、オンリーワンをRPしたまさやん。)
b0146794_1195962.jpg
[本日の成果]  てるやまもみじ10ab〇、メイプルの涙10c×、オンリーワン11d+×××〇、トカゲ北上中11bc×、深海の幻想11a〇 計8便(☆4個獲得。ちえさん11個獲得。)
[PR]

by t-kashmir | 2012-06-30 15:10 | climbing  

敦煌 (井上 靖 著) 9冊目

b0146794_1464910.jpg 曹賢順は無表情のまま一言も発せず弟延恵の報告を聞いていたが、聞き終わると穏やかに言った。「いつかは西夏の侵略を受けなければならぬと思っていた。ただそれが早く来ただけだ。張議潮以来の沙州節度使の名誉にかけても戦わねばならぬだろう。わたしの代で曹氏が滅びることになるが、これも致し方あるまい。往時、この国は吐蕃に征服され、長い間漢人は平時吐蕃の服を着、祭日の時だけ漢服を着て天を仰いで慟哭したと伝えられているが、またそれと同じことがこの国の者を見舞うだろう。併し、一つの民族が永久にこの土地を征服していることはできない。吐蕃が去ったように、西夏もまたいつかは去るだろう。その時、その後には我々の子孫が雑草のような残り方で残っているだろう。それだけは疑うことができないことだ。なぜなら、ここには漢人の霊が、他のいかなる民族の霊より多く眠っているからだ。ここは漢土なのだ」
[PR]

by t-kashmir | 2012-06-17 12:00 | reading  

エルミタージュ美術館展

 六本木の国立新美術館で開催中のエルミタージュ美術館展で西洋絵画400年の流れを鑑賞。
Ⅰ.16世紀 ルネサンス:イタリアのフィレンツェ、ローマ中心。ヴェネツィア派 ジョルジョーネ、ティツィアーノ   
Ⅱ.17世紀 バロック:イタリアからオランダ、フランドル(現在のベルギー)へ 『黄金の世紀』   
Ⅲ.18世紀 ロココと新古典派:ロココ様式(ルイ15世の時代)フランソワ・ブーシェ。新古典派(ルイ16世の時代)、産業革命とフランス革命を経たフランス、イギリスを中心 
Ⅳ.19世紀 ロマン派(ドラクロア)、コロ―、ルソーの風景画~印象派(サロンの審査基準に縛られず)~新印象派(スーラ「点描法」)、セザンヌ   
Ⅴ.20世紀 アバンギャルドの世紀(フォビスム、キュビスム) マティスとピカソ
b0146794_13521346.jpg
 (1908年 H.Matisse 『赤い部屋(赤のハーモニー)』のポスターを家の壁に貼った。)
[PR]

by t-kashmir | 2012-06-08 16:50 | family  

わが母の記 (井上靖 著) 8冊目

b0146794_20561347.jpg 80歳、85歳、89歳の時点の母とその家族を記した小説ともエッセイともつかぬ短編「花の下」、「月の光」、「雪の面」を一冊にまとめたもの。
1991年に井上靖が83歳で亡くなる直前に、「自分が死んで30年経って残る作品は『しろばんば』、『孔子』、『わが母の記』であろう・・・」と語った中の1冊。 物忘れをしながら年老いていくというのは、過去の記憶が現在から順に消しゴムで消すように徐々にすり減っていき終いには幼き日に戻っていく、というこのなのか。
 

 ところで井上靖も相当の酒豪だったらしい。その辺のことは、中公文庫 『酒と作家たち』(12.5.25初版)で確認してみる。
[PR]

by t-kashmir | 2012-06-08 08:40 | reading