<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

二子山  3週目

 前日の雨で1日順延。昨日は夕方からかなり激しい雨で今朝も道路は乾いていない。朝一の岩の状態が危ぶまれたが無用の心配だった。朗らかな陽気で弓状エリア入口の紅葉も美しく、何かいい予感が・・・
b0146794_22444990.jpg
したが、私の火の鳥は前回、前々回でさえ1回は捕れていた左手ガストンが1度もとまらず、いや届かず、二子最終日は最もふがいない結果に終わってしまった。敗因は良く分かっていないが、①前週の疲れと睡眠不足 ②10/25以降ジムのルートを登っていない練習不足。 また、あわよくそのホールドを捕れたとしてもRPまでは? ③強いムーヴに耐える筋力と、④思いっきって繰り出せるムーヴのバリエーションの不足 かなあ。(分かり切ったことだけど・・・) そして今回ひとりで何とか解決したかったホールドとムーヴの決定。これも12便出してほとんど決まらなかった。これは今までのRPが登り方を教えてもらってのものだったこと。この点を最も反省しなきゃなあ。相変わらず自覚が足りない限りです。
 今年は失意のうちに帰るが、腰を悪くしない程度にもう少し鍛えて、来年また来よう。
b0146794_231397.jpg
 いい予感はこの3人!
 本日はBMさんがSVPをRP、ヒロ君とチエさんが最終便でノースマウンテンをダブルRPとまさに大漁船であった。(チエさんのRPはヌンチャク回収中で写真撮れませんでした、ゴメン。)
b0146794_22531947.jpg
b0146794_22533563.jpg
【本日の成果】火の鳥××××
[PR]

by t-kashmir | 2011-11-20 16:00 | climbing  

ながい旅 (大岡昇平 著)

b0146794_7184826.jpg 戦争末期の1945年5月14日、米軍はB29により名古屋を空襲したがそのうちの一部は日本軍により撃墜された。岡田資(たすく)陸軍中将は拘束した米軍搭乗員を国際法違反の無差別爆撃を行ったとして当時の切迫した戦況の中、軍律会議を開かず司令官の判断で処刑を命令した。これが問題となり戦後B級戦犯裁判にかけられ昭和24年9月17日に絞首刑となった。
 何もかも悪いのは敗戦国であるという敗戦直後の世相に対し、「何故堂々と世界環視の内に国家の正義を説き、国際情勢、民衆の要求、さては戦勝国の圧迫も、亦重大なる戦因なりし事を明らかにしようとしないのか?要人にして徒に勇気を欠きて死を急ぎ、或いは建軍の本義を忘れて徒に責任の存在を弁明するに汲汲として、武人の嗜みを捨て生に執着する等、真に暗然たらしめるものがある。」と考え、この裁判を「法戦」として泰然と戦った。
 死刑執行の前日、ひとり一物もないコンクリートの別室に禁錮された。「高窓が唯一つ中庭に向かって開いている。そこから見える視界の三分の一は大煙突で邪魔されているが、和やかな初夏の青空を心ゆくまで眺めるには十分なものであった。真綿をちぎったような白雲が右から左へ、一片また一片、悠々と浮び流れていく。私の気持はすっかりあの白雲に没入した。」
 このような死を前にした中将の心境は、「結局、死に対する恐怖は煩悩に発した慾の断滅に対する絶望、少なくとも寂寥感・・・。故に生を整え終るならば死の恐怖は起る余地がない。生を整えるとは端的に言えば、永遠の生命を発見し、大死に一番、とくの昔に、死のみか生をも超越して了ふ事だ。」という仏教思想に基づいているのだろう。 ああ、悟りの道は遥かなるもの哉・・・
 仏教では、善であろうと悪であろうと、たとえ筋が通らないとしか考えられないような場合も含めてすべてはたまわりものと有り難く受けいれることを教えている。こちらは「親子のための仏教入門(森政弘 著)」より。
[PR]

by t-kashmir | 2011-11-18 19:00 | reading  

二子山 2週目

 BMさんと二子山へ。AM4:45出発、7:00 セイブオン、8:00前に駐車場到着。天気良し、睡眠不足とトイレ無しだが、岩の状態は昨日の雨の影響も無く有り難い。祠エリアでアップ(今回はいつもの話がピーマン、シリアルに加えて、孫悟飯10Cを登った。BMさん推薦!)
 火の鳥 AM10:30 ヌン掛け、12:00 1便目、13:30 2便目、15:30 3便目。  今日の備忘録:
(1)下部の手順変更(ニーバーによるレストは試せず)
(2)第1核心の左ガストン前の体勢をカウンター気味に左に寄せる。左手を伸ばす前の左足位置に確信が持てていない。
(3)小穴左手アンダーから右手ポケットの場所を次回変更する。
(4)最終ホールドのアンダ-ではあまり足位置を変更せず終了点クリップをしてしまうこと。
b0146794_22444126.jpg
  写真はペトリューシュカに挑むJ子さん。BMさんはころがるシビック君12aを2撃、SVP12Bの2便目は惜しくもテンションしたが、このトライを見て自分ももう少し頑張らねばと感じた。
【本日の成果】火の鳥××××
[PR]

by t-kashmir | 2011-11-12 08:00 | climbing  

二子山も紅葉

 BMさんと二子山に行く。AM5:00出発、昨晩はあまり良く眠れず。天気は下り坂であったが良く持ってくれた。体重59.2㎏。AM6:00過ぎに関越に乗ったが紅葉の行楽シーズンのためかギリギリセーフ。帰りの渋滞は致し方なかったがそれでも4時間で帰ってこられたのは巧みなBMさんの運転のおかげです。話がピーマン、シリアルでアップ後、BMさんはおいしいよ12C、私は4月以来の火の鳥に挑戦。1便目でヌン掛けし、その後3本出せた。きつかったがその分満足できた。
b0146794_22521832.jpg
 下部を如何に消耗せずに行けるか・・・次回は何とかムーヴを固めたい。コルネの多い3ピン目まではニーバーをうまく出来ればと思う。そして最初の難所左手ガストン、右手で体を安定させ、4ピン目クリップ、右手戻し、左手アンダーで小穴を抜け出し、次の右手をガバ下のポケット、左手でガバ、右足キョンで5ピン目をクリップしてみよう。
b0146794_2056640.jpg
 【本日の成果】火の鳥××××
[PR]

by t-kashmir | 2011-11-05 14:00 | climbing