<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

なぜ、「これ」は健康にいいのか? (小林弘幸 著) 

b0146794_19464126.jpg 人間の身体は60兆個の細胞でできている。そこに10万㎞(地球の赤道2周半分)の血管が網羅しており、これに沿って自律神経が走っている。自律神経には交感神経と副交感神経がある。交感神経に年齢差はないが副交感神経は男性の場合30歳を超えると急降下し10年で15%低下する。
血流をコントロールする自律神経のバランスを良くすること(=副交感神経を高めること)で内臓の動きが良くなる。病気が治癒する。運動能力の向上、潜在能力を最大限に引き出すことになるらしい。

[体調改善のスパイラル]
(1)副交感神経を高める⇒血管が弛緩する⇒すると血流が良くなり栄養と酸素を身体の隅々まで運ぶ。副交感神経を高めるには、ゆっくり呼吸し酸素摂取量の増加を促すと良い。また、血流を良くするには身体を温めること(ウォーミングアップ)も一手段である。
(2)腸内環境の改善(=腸内細菌のバランスが良いこと)⇒腸における栄養吸収が良くなる⇒血液の質が良く(酸素、栄養を良く運ぶように)なる。腸内環境の改善には、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす乳酸菌(=ヨーグルトなど)が良い。
(3)血流を良く維持するには、血管を老化させないこと。血管という細胞に栄養を施すのも末梢の毛細血管(with自律神経)である。

それではさらなる副交感神経の向上のためには・・・
[PR]

by t-kashmir | 2011-06-12 19:46 | reading  

北川

 ノボさん、コブ君と北川へ。天侯晴れ、体重58.8㎏。3週間ぶりの外岩で昨晩は良く眠れなかったが、体調、気合とも充実維持。しかし岩場に着くと染み出し?結露?でコンディションは悪い。我々と同時刻に着いた2組は早々に引き揚げた。 「今日は秋葉大権現に挑戦。離陸できなければしばらく北川は無し」の思いで来たので、岩が乾くのを期待しながら午前中は今までのルートをおさらいで登った。ノボさんはミンボーを諦め、グリーンオニオンをMOSした。私も謙譲の美徳を難なく再登でき、これで気持ちも良くなった。13時過ぎ、気持ち良い風も吹き始めコブ君も昼寝から目覚め、秋葉に初めて触った。離陸は何とかなるものの左手カチから右手ガバに右足を踏み込んでいけない。よって2ピン目のクリップができず、ここまでだった。17時過ぎ岩の状態頗る良し、3便目各駅ですべてのホールドを触ったが全く不可能なムーブは無さそうだ。コブ君がRPするまで一緒にトライできる。何とか北川にもまた楽しみができそうだ。
b0146794_18192222.jpg
[本日の成果]
もうすぐ七夕、茶摘み唄、雨宿り、天の川、張り子の虎、グリーンオニオン、謙譲の美徳、秋葉大権現×××
[PR]

by t-kashmir | 2011-06-04 17:00 | climbing