<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

あるお坊さんのはなし その2

4.念を継がないでください。いやなことがあってもその場でおしまいにしてしまえばよいのに、ふと思い出す。そしてその時のことを反芻して怒ったり、ああ言えば良かったとくやしがったりします。そして、次から次へと想像をめぐらし、空想の世界でその相手をとっちめたりします。そんなことが一回きりではありません。何度も何度も思い出すのです。こんなことばかり頭に浮かぶなんて非生産的すぎて悲しすぎます。(涙) でも人間の脳の回転はすさまじく速く、ふとした時に一瞬のうち思い出すのです。すげ~、人間の脳って。
そんな時はすかさずサティを入れて、念を継がず。念を継がず。念を継がず。頭からそのことを消すのです。いやなことの思い出しは身体によくありません。良いことだけを考えるのです。サティ!念を継がず・・・

5.他人の心や過去を考えても、それを変えることはできません。天に任せましょう。思い出しても恥ずかしい過去の失敗、自己嫌悪に陥ります。なぜ、あんなこと言っちゃたんだろう。酒に酔って何とした醜態を!!!(涙) あなただけではないのです。でも、あなたは、なんて自分は愚かなんだろうと自分を責めてその失敗を何度も何度も悔いるのです。でも、あなたの恐れているのはその失敗ではなく、その失敗を誰かほかの人が言いふらし自分のプライドが傷つくことを恐れているのです。その誰かがそのことを話すのか、何度も話すのか、それを聞いた別の人がどう思うのか、あなたを笑っているところを想像してあなたは苦しむのです。そんなことはまったくナンセンスです。他人がどうするかなんて誰もなんともできません。すべては天(神)に任せましょう。決してあなたに悪いようにはなりません。人を貶めるような冗談まじりの軽々しい卑劣な人の話を聞いた人はあなたを軽蔑するでしょうか。それも考えても意味な~し。あなたが自分で変えることができないことはすべて天に任せ、先(これから、将来)のことを考えるのです。

念を継がず・・・ 了解。了解。    次回に続く・・・

クライミングしているときは決していやなことなんて思いださいよね。必死だもん。うん。
[PR]

by t-kashmir | 2009-11-21 00:49  

あるお坊さんのはなし

こころ穏やかに日々を過ごすための方便

1.堂々としてゆっくりはっきり話すこと。
大きな声で話してはいけない。大きな声は自分の我を無理やり通そうとするあらわれ。決して良好な人間関係のためになりません。
また、余計なことは言わないほうが良いでしょう。沈黙、沈黙。
一言多く言おうとすると、無理にへりくだったり、泣きごとになったり、見え見えのお世辞になったり、調子のよいうわごとになったり、すべて後悔することになります。あなたが無理に人を笑わせたり、場を盛り上げようとしなくともよいのです。

2.最近はメールのやりとりが多いため、突然の電話(電話は常に予期せぬもの)に対し自分の時間・空間にいきなり入りこまれたようでとてもイライラさせられることがあります。そんな時は、はじめから電話に出ないほうが良いでしょう。出ればあなたのこころのイライラが相手に丸見え。それをあなた自身も感じてさらに自己嫌悪に陥る始末。(涙)  受話器をとるからには、電話の向こうの相手のために自分ができる精一杯の誠実な対応を心がけたいものです。ここでも大きな声は禁物ですぞ。

3.ゆったりした動作をこころがけたいものです。走っては駄目。家に着くのが10分遅れることがどれほどのことでしょうか。走ったり人にぶつかったり、イライラ。間に合った電車の中でまた自己嫌悪。(涙) 人に先を譲ったり、満員電車で不快な思いをしても笑顔でいられる度量の深さ。

 今日はここまで。明日から即実践、実践。     次回に続く・・・・・

イライラした一日でも若いクライマーとジムで登れば、気分はすっかり爽快。また、元気もりもり、明日から頑張れます。
[PR]

by t-kashmir | 2009-11-19 00:22  

女優 岡田茉莉子

ポレポレ東中野に岡田茉莉子の特集を観に行った。
秋津温泉、水で書かれた物語、女のみづうみの3本。学生の時はよく文芸坐のオールナイトを観に行ったものだ。
b0146794_21592384.jpg

当日は岡田茉莉子のトークショウがあり最前席に座っていた私の目の前で約40分間生い立ちを話してくれた。その後思いもかけずサイン会が開かれ、サインと握手をしていただいた。小さくやわらかくあたたかい手だった。
b0146794_21594729.jpg

秋津温泉の新子のかなしさ。花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生だ。
水でかかれた・・・
女のみづうみは良かった。これぞ岡田茉莉子を愛する吉田喜重の映画。逆光で表現するシルエットは、女と男の・・・のゴダールが撮ったアンナカリーナを思い出した。
b0146794_220854.jpg

会場には吉田喜重もいてびっくり。仲の良い夫婦であることがよく分かります。
b0146794_2202960.jpg

[PR]

by t-kashmir | 2009-11-15 17:10 | cinema