<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

小学生3人組フラダンスで世界へ

b0146794_8354915.jpgいすみ市と一宮町の女子児童3人が、7月16~18日にハワイ・ホノルルで開かれる、子供フラダンスの世界大会に出場することになった。ハワイから来日した指導者の目に留まり、現地チームの一員に選抜された。3人は「優勝を目指したい」と口をそろえて元気に日本を飛び立ち、常夏の島で練習に励んでいる。
出場するのは、「クイーン・リリウオカラニ・ケイキ・フラ・コンペティション」という大会。「ケイキ」は子供の意味で6~12歳が対象。ハワイ王朝最後の女王の名を冠し34年の歴史を持つ、世界トップレベルの子供専門フラダンス大会として知られる。
(2009年6月28日 読売新聞)
[PR]

by t-kashmir | 2009-06-28 08:30 | family  

PUMP2

b0146794_20224079.jpg
息子のトレーニングの付き添いでPUMP2へ。TSUNAMI 12D(水色□)O・S 13A(赤バー)R・P 


 来週はリードの世界選手権があり、日本のトップクライマーも調整中です。
[PR]

by t-kashmir | 2009-06-27 10:00 | climbing  

「あるがまま」を受け入れる技術 (河合隼雄/谷川浩司 著)

b0146794_13562524.jpg棋士には「勝負師」の部分と、「芸術家」の部分と、「研究者」の部分がある。その三つの要素を三分の一ずつバランスよく持っている人が強いんじゃないかと思うんですね。(谷川)
今はなんでも現実的に欲望が充足されてしまう時代ですから、夢はなかなか持ちにくいですね。そこで自分の夢を発見する努力をしないといけないのですが、みんなその努力が足りないと思います。もっと違うスケールで夢を持てないと、無気力から抜け出すことは難しいでしょうね。今ではあらゆる年代の人たちがそういう状態に陥っているんじゃないでしょうか。(河合)
希望を失わないでボーツとして待っていれば、向こうがそのうち自分から変わるんです。「望みはないけど、光はある」と思うようにしています。(河合)
[PR]

by t-kashmir | 2009-06-21 13:00 | reading  

春日井ゴルフ倶楽部

b0146794_20212475.jpg
山梨県笛吹市春日居町国府759

晴天のなか、あとりちゃんのふるさとでゴルフ。
今年の目標95を切りました。
練習はアプローチ中心とし、ドライバーは多く打たない。テイクバックは、肩から始動するイメージ。(兼松さんより)
ティーアップした時のアイアンショットとフェアウェーウッド、及びバンカーショットの練習が課題。
[PR]

by t-kashmir | 2009-06-20 09:24 | golf  

クサガメの想い出

 家族と話したらもう8,9年経つらしい。
あれはまだRVRに乗っていた頃、そして娘がチャイルドシートに座っていた頃だった。白里の海岸から帰宅途中の県道で、はじめ黒い土の塊かと思ったが少し動いた気がしてとっさにハンドルを切ってよけた。車を降りて見ると、1匹の小さなかめが道を横切っていたのだった。子供が小さかったこともあり、その日から我が家の一員となった。何回か冬眠もさせているうちにからだもひとまわりふたまわりと大きくなった。甲羅の5倍以上の大きさの水槽が良いと図鑑に書いてあったので最近は少し狭かっただろう。週に1度、水槽を掃除するのが私の役目。私が一番世話していたのにほとんどなつかなかった。わたしの顔をみると、いつもすたすたと逃げまくった。その元気の良さが憎めなかった。お母さんがえさをあげる役目。水槽を覗くと首を伸ばして口を開けるという。私がえさをあげてもそんな仕草はなかったのに。昨日は水槽も丹念に洗い、甲羅ののろも歯ブラシで落としてやった。かめの名前は娘が「くさりちゃん」とつけた。くさがめだから。女の子っぽい名前だが、図鑑で確認するとオスだったようだ。こどもたちも以前はよく遊んでいたが、中学生ともなれば最近はあまり関心を示さないのも仕方ないことだろう。そんな我が家のクサガメが、今日死んだ。久しぶりの晴天で走りまわりたかったのか、水槽から逃げ出して我が家から80mほど先の道の真ん中で車に轢かれて死んでいた。甲羅が砕け、内臓破裂。首を伸ばした状態でぺちゃんこだった。見つけた時は血も固まっていなかったのでさほど時間が経っていない。ちょうど我が家で昼ご飯を食べている時に轢かれたのだ。昨日ふたをきちんと閉めなかったせい?水槽のふたがボロボロで容易に逃げ出せたの? かめといえども情がうつる。かわいそうなことをした。命の尊さ、せつなさを感じた。こんなに永く一緒に居たのに写真が一枚も無い。
おかあさんとふたりで、いつも甲羅干しをしていた大きな石と一緒にかめを庭の片隅に埋めた。
[PR]

by t-kashmir | 2009-06-07 12:02 | family